婚活系情報ブログ

婚活パーティーに参加して出会いのチャンスを広げる

投稿日:

マッチングアプリ、婚活サイトなど、出会いを目的としたサービスを利用するなら、是非、パーティーの企画の有無をチェックして欲しいと思います。

というのも、パーティこそが出会いの場所として最も多くのチャンスがある場所で次につながりやすいからです。

出会いを求めるならパーティへの参加がおすすめ

出会いを求めるのであれば、パーティへの参加は、一対一のお見合いよりもおすすめです。

もちろん、向き不向きはありますが、大人数が参加するパーティーのの方が、一対一で会うお見合いよりも多くのメリットがあるからです。

なのでもし、結婚相談所や婚活アプリなどを利用しようと思う場合には、婚活パーティの開催が適期的に行われているサービスを選ぶことをおすすめします。

婚活パーティーへの参加のメリット

フィーリングが合わなければ次の相手をすぐに探せる

いくら最初にマッチングをしていたとしても、実際に会ってみるとフィーリングが合わないということも珍しくありません。もちろん逆も然りです。

せっかく直接会うことができたとしても、噛み合わないままでは、次に繋がりません。時間とお金を無駄にしてしまうことにもなります。

コミュニケーションを重ねれば関係が深まることもありますが、多くの場合、最初からある程度意気投合するような人の方が、その後の関係も良好になることの方が多いです。

なので「何か違うな」と思えば、早々に見切っるのが良いわけですが、一対一のお見合いだと貴重なチャンスを無駄にしなければいけなくなります。

しかし、大人数の参加するパーティーであれば、最初に話した相手との相性が悪いくても、次のターゲットにすぐに移れるため、良いパートナーを見つけるチャンスを広げることができるのです。

パーティーの雰囲気で楽しい出会いになる

大人数の参加するパーティーでは、非日常的な雰囲気になりやすいので、必然的に楽しい出会いの場になります。

気分も高揚するので、お互いのノリも良くなって、コミュニケーションもとりやすくなります。

小夏パーティーは全員が出会いを求めてで集まる公開の出会いの場所でもあるので、遠慮なく積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

プロが主催するパーティーなので「ぼっち」になることがない

大人数のパーティーに参加することで最も気がかりなのは場の雰囲気に馴染めずに「ぼっち」「壁の花」になってしまうことかと思います。

実際問題で、パーティーに参加するのが苦手な人の多くは、過去にパーティーに参加したことがあるものの「ぼっち」状態になったことがあり、それがトラウマになっていたりするのです。

しかし「ぼっち」になってしまうのは、参加者に問題があるのではなく主催者に問題があります

良い主催者は参加者全員に目を配り「ぼっち」になっている人が居れば、誰かを紹介するなどで常にサポートに回ってくれるのですが、いい加減な主催者だと自分さえ楽しめればオーケーというような感じで参加者を放置してしまうのです。

この点の問題については、婚活サイトが主催している場合は、プロの仕事としてしっかりと主催者がフォローしてくれるので「ぼっち」になることがありません。

婚活パーティの注意点とコミュニケーションのポイント

最初はみんなテンションが低いのが当たり前なので自分から積極的に動く

大人数のパーティでは、よほど場馴れしている人でなければ、ほとんどの人が最初はとても低いテンションから始まります。

これは、知らない人たちの中に混じって、警戒心を持ちながら様子を見ることになるので、 ごく当たり前のことでもあります。

そして多くの人はこの時点で「来なければよかったかな。。。」と感じてしまうのですが、コミュニケーションをお互いに取るようになると次第にリラックスした雰囲気になり、楽しい時間を過ごせるようになります。

特に、結婚相談所や婚活サイトなどの主催するパーティの場合は、同じサービス、同じ目的という共通点があるので、一度コミュニケーションが始まれば、一気に警戒心がなくなるので、通常のパーティーよりもスムーズなコミュニケーションがとれるのです。

なので、最初に「まずったな」「来なければよかったな」などと考えないで、積極的にコミュニケーションを取るようにして、最初の重たい空気を変えるようにしてみましょう。

多くの人が受け身になっている分、積極的に動く人は「頼れる人」というような印象になりますし「最初にあいさつした人」というところでも相手の印象に残ることができるので、パーティーを支配することができるようになります。

最初のコミュニケーションで蔦言えるべきこと

婚活パーティーに参加して、相手と最初にコミュニケーションを取る場合には、必ず自己紹介から始めましょう。自己紹介をすることで相手の警戒心を一気に解除することができます。

と言っても、ビジネスのように堅苦し名刺などを渡す必要はなくカジュアルな感じで構いません。

「よろしくおねがいします。〇〇です。初めての参加ですか?」

というような感じです。
この際に、いきなり自身の細かい情報を相手に伝えるのではなく、最初の共通点である婚活パーティーに関する話題から切り出すことでコニュニケーションがとりやすくなります。

一人の人に集中しない

婚活パーティーの最大のメリットは一度の機会で多くの人と出会えるチャンスが得られるところにあります。

それは相手にとっても自分自身にとっても同じなので、できるだけ多くの人とコミュニケーションを取るようにしましょう。

気に入った人を見つけると、その人から離れなくなる人が居ますが、絶対やってはいけないことの一つです。

気に入った相手とより多くのコニュニケーションを取りたい気持ちもわかりますし、他の人にチャンスを奪われたくない気持ちもわかりますが、相手の気持ちや立場を考えない自分中心な考え方は、結局自分自身の首を締めることになります。

よほど相性が良い場合は別ですが、相手を独占しようとすることは、相手から他の出会いのチャンスを奪ってしまうことでもあります。

一対一でコニュニケーションを取りたいのであれば、最初からお見合いにすれば良いわけで、何故パーティーに参加しているかを考える必要があります。

なので、パーティーでは一人に執着せず、男女問わずで出来るだけ多くの人とコニュニケーションを取るようにしましょう。そうすることが結果的に良い方向に関係を構築していくことができるようになります。

目標は特定の相手と親密になることではなく、参加者とできるだけ多くの連絡先を交換することです。そうすることで次に活かすことができます。

婚活パーティーは次のチャンスを構築するための足がかり

婚活パーティーで大切なのは、ただパーティーに参加しただけにしてしまわないことです。

婚活パーティーは言わば、全く出会いが無かった人が、新しい出会いを求めて何かの変化を得るための大切な一歩でもあります。

その一歩で動き出した力を利用して、さらに大きな動きを生み出すような動きを起こすことで、より大きな出会いのチャンスを得ることができるようになります。

そのために必要なのは、パーティーで知り合った人たちと次に合う機会を作るようににすることです。

と言っても一対一で会うのではなく、できるだけ多くの人と連絡先を交換して、その場に居る人と二度目のパーティーを計画することがポイントになります。

そうすることで、一つの出逢いを活かして、より大きな出会いのうねりを生み出すことができるようになります。

婚活マッチングサービス

婚活サイトやマッチングサービスを切っ掛けにして交際をスタートさせる人も多いです。

なかなかゴールまでたどり着けない人、出会いや縁に恵まれない人などは、現状を動かすためにも婚活サービスの利用はおすすめです。

同じ目的の人が集まる場所なので、通常の出会いよりも遥かにゴールまで進展する可能性は高いですし、目的がはっきりしている分、お互いを探り合うような遠回りをするようなこともありません。

例えば、離婚歴や、子持ちであったとしても、最初から情報として公開しているので、理解がある人と出会える確率も高くなります。

そして同じような悩みを持っている人たちでもあるので、お互いがお互いを理解しあい、良い関係を構築していくこともしやすいのが婚活・結婚相談サービスです。まずは資料請求でもして、いろいろと比較することから初めてみるのが良いかと思います。

-婚活系情報ブログ