恋愛必勝学

努力しても相手に近づけない恋は諦めた方が良い

更新日:

努力しても相手に近づけない恋は諦めた方が良い

あなたが片思いする好きな人に対して、関係を発展させようとして、いろいろな努力やアプローチをしているのにも関わらず、相手との距離が一向に縮まらないのであれば、あなたは相手から避けられている可能性が高い。

なぜ避けられるのか?
それは、あなたのことを「気持ち悪い」と感じているからである。

相手から「気持ち悪い」と思われてしまうと、あなたがいくら努力やアプローチをしたとしても相手との距離が縮まることがない。相手はあなたとの距離を置くようになるからである。だから、どんなに努力をしても相手に近づくことができない。

むしろ、努力をすればするほど相手はますます「気持ち悪い」と思うようになるので、相手はどんどんあなたから遠ざかり、やがては何もできなくなってしまう。

多くの場合、「気持ち悪い」と思われてしまうと、恋人関係になれる可能性は限りなくゼロになる。

なので、どんなに努力しても相手との距離が近づけないような関係になってしまった時には、潔く相手のことを諦めて、新しい恋を探した方が良い。時間と努力、そして何よりあなたの気持ちを無駄にしないためにも諦めた方が良いのである。

「気持ち悪い」と思われると全てが気持ち悪くなる

一度「気持ち悪い」と思われてしまうと、その後どんなに努力をしても無駄に終わり。努力の一切が報われない。

例えば、相手に贈り物ををしても、相手を気遣い、優しい言葉をかけたとしても、悪い方向にしか進まないのである。

何故ならば、相手はあなたのことを「気持ち悪い」と感じているのであるから、あなたから何かをしてもらうこと自体を「気持ち悪い」と感じてしまう。なので、どんなに相手が喜ぶことを考えたとしても、ただただ「気持ち悪い」だけなのである。

「相手のことを心から思えばそんなことはないはず」と思うかもしれない。しかし自分自身に置き換えて考えてみれば理解できるはずである。「気持ち悪い」と思っている人からは、何をされても「気持ち悪い」。

そうなると、どんな努力をしても、相手が喜ぶようなことをしても、相手に近づくことはできなくなってしまう。相手に近づくことができなくなってしまうだけではなく、努力の度に相手がどんどん距離を置くようになってしまうのである。

つまりは、何もしない方がよっぽど良い。何をどう頑張って努力したとしても、全てが悪手になり、無駄で終わる。

そうなってしまった後は、相手を深追いすればするほど関係はどんどん悪くなってしまう。
相手との距離を一気に近づけようとして、当たって砕けろの精神で相手に押しかけるようにして強引な行動をとってしまいがちになるが、その行動はまさにストーカーと同じで、相手からすれば、近づかれないように壁を作っているのに、その壁を無理矢理に乗り越えてくるわけであるから、ただただ恐怖でしか無い。

最善の方法は「何もしない」ことになってしまい、相手との距離を一切縮めることができなくなる。要するにその恋は諦めた方が良いのである。

「気持ち悪い人」という評価を覆すことは難しい

相手から「気持ち悪い」と思われた場合は、その評価を覆すのはとても難しい。それは、日頃の行動の積み重ねによって築かれた評価だからである。

ちなみに、初対面から「気持ち悪い」と思われることもあるが、この場合は例外である。

第一印象で「気持ち悪い」と思われた場合は、その後の付き合いを重ねていく中で解消されていくことがほとんどである。

「気持ち悪い」と思われる理由

人によって「気持ち悪い」と感じるものは違う。
なので何が気持ち悪いのかを断定することはできない。その人にしか解らないからである。

しかし、確実に言えるのは「普通とは違うこと」は多くの人にとって「気持ち悪い」と感じることである。あなたが「気持ち悪い」と思われるようになったのも、きっと日頃の行動が普通ではなかったからに違いない。

その普通ではない気持ち悪い典型的な行動が一方的に思いを寄せる「片思い」だったりする。

片思いは相手にストレートに気持ちを伝えずに、遠巻きに相手のことを観察してみたり、ちょっとした言葉や行動にありもしない意味を付けてみたり、どうにか関係が上手くいくように裏でいろいろと工作をしてみたりするなど、片思いの最中にはとかく普通ではない行動をとりがちで、相手にとっては「気持ち悪い」と感じさせてしまう。

また、上手く関係を発展させられない時ほど「気持ち悪い」行動をとるようになり、相手に近づくための努力や行動がますます普通ではなくなってしまう。結果として、相手からは「よく分からない気持ち悪い人」という評価をされてしまい、相手に近づかないだけでなく、最悪の場合は取り返しのつかないところまで関係を悪化させたりする。

相手に「気持ち悪い」と思われているかどうかの見極め

では、どうやって相手に「気持ち悪い」と思われているかを見極めればよいのだろうか。まさか相手に直接聞くわけにはいかない。

しかしそれを知るのは簡単である。
相手に近づこうと努力をしても、相手との距離が一向に縮まらないのであれば「気持ち悪い」と思われている可能性が非常に高い。

普通は努力は報われるものである。つまり相手に近づこうと努力をすれば相手もそれに気付き、お互いが近づくようになるのである。しかし努力をしても相手との距離が縮まらないのは、相手があなたのことを「気持ち悪い」と思い、必要以上に近づかないように距離を調整しているからに他ならない。

実際のところで、相手との距離を縮めたいとあなたが努力を始めるということは、相手が既に郷里を調整しているということでもあるので、その時点で「気持ち悪い」と思われているという判断でほぼ間違いがない。

仮に判断が間違っていたらと考えるかもしれないが、その場合は、あなたが身を引いた時、相手から近寄ってくるような反応があるのでその心配はない。

「気持ち悪い」と思われないためにできること

「気持ち悪い」と思われてしまえば、その恋がうまくいく可能性はとても低い。
なので、努力しても関係が進展しないような恋はなるべく早めに見切りを付けて諦めてしまうのが良い。

考えるべきなのは、今の恋をどううまく進展させるかではない。
はっきりと言えば、もう手遅れなのである。どう頑張っても、何を努力したとしても「気持ち悪い」と思われてしまった後ではうまく進展しない。

これからの恋で同じ失敗をしないために何をすべきか、あるいは何をしてはいけないかを考えることが大切である。どうすれば相手に「気持ち悪い」と思われないで済むのかを考えることである。

それはとてもシンプルで簡単である。
気持ち悪さとは普通でない行動である

つまり「気持ち悪い」と思われないためには、普通でない行動をとらないということである。
それを意識して、好きな相手に対してそのような行動をとっていないか、自分自身を客観的に判断することである。

そうして「気持ち悪い」と思われさえしなければ、努力は報われるようになり、相手と良好な関係を築いていくことができるようになる。

-恋愛必勝学

Copyright© モテたい人のための恋愛必勝法 , 2020 All Rights Reserved.