モテる教科書

可能性のない恋は今すぐ終わりにすべき理由

更新日:

あなたが片想いをしている相手に連絡をしても、返事があまり返ってこなかったり、やり取りが盛り上がらなかったり、どんなに仲良しだったとしても、けっして二人きりで会おうとはしなかったりするならば、その相手はあなたとの関係を必要以上に深めたいとは思っていない可能性が高い。

可能性のない恋には見切りをつけて新しい恋を探すべき理由

新しい恋からやりなおそう

相手から「キモい」と思われてしまった後では、今からどんなに努力をしたとしても、相手から好かれるようになるのは極めて難しい。その恋が叶う見込みはゼロだ。

このまま努力を続けても無駄に終わり、あなた自身が傷ついてしまうだけでなく、相手に近づこうとする努力をすればするほど相手はあなたからどんどん距離をおいてしまうようになる。それでも諦めずに追いかければ、今度はストーカーのようになってしまう。

どう足掻いても一度「キモい」と思われてしまった後では挽回はできないのである。

だから今の恋にはさっさと見切りをつけて、新しい恋を見つけるために動き出した方が、今好きな人との関係を悪化させることはないし、片想いで苦しみ続けるよりも、あなた自身の状況もずっと良い方向に向かわせることができるのである。

「キモい」と思われたら恋は終わりにすべき

相手があなたとの距離を深めたがらないのには理由がある。

その理由が何かというのはもちろん人それぞれではあるが、理由無しに人は距離をおいたりはしないわけで、あなたは相手に距離をおかせる「キモい」部分を持っているのである。だから相手はあなたと深い関係を築きたくないので、あなたのために一切の時間を割こうとはしないのである。

「たとえ最初に悪い印象を与えたとしても、これから努力して相手に好きになってもらえればいい」とあなたは思うかもしれない。あなたの周りの友達も「諦めたら終わりだから頑張れ!」などと励ますかもしれない。

諦めろと言われて「はい、わかりました」と簡単に諦められるような恋は本当の恋ではないだろう。断られても、断られても、相手を自分のモノにしたい、相手と一緒になりたい。そう思うのが恋である。

しかし、それでも、さっさと諦めて新しい恋を探した方が良いのである。

何故なら、一度「キモい」と思われてしまった相手には、何度チャレンジしようと、どれだけ努力しようと、受け入れられることは無い相手にとっては全てがキモく感じられてしまうからである。何をやってもキモいと思われてしまうので、もうその恋を良い方向に進展させることはできない。

努力して頑張って相手にアプローチしても、相手はあなたを敬遠して近づくことが出来ない。繰り返せば繰り返すほど相手との距離は遠くなり、やがて疎遠になってしまったりするのである。

相手があなたの気持ちや努力を受け入れようとしなのは、けして遠慮などではない。相手が鈍感なわけでもない。それは相手からの明確な「これ以上近づかないで」というメッセージなのである。

相手が明確なメッセージを出しているにも関わらず、それでも相手の気持ちに気付くことが出来ない場合、相手が距離を置いても置いても追いかけてしまうストーカーのようになってしまう。

繰り返すが、相手から「キモい」と思われてしまった後では、もう恋が叶う見込みはない。どれだけ努力しても相手から受け入れラルことはなく無駄に終わる。努力も時間も全て無駄になるのである。だから可能性の無い恋のことはさっさと忘れてしまって、新しい恋にチャレンジした方が良いというわけである。

叶わぬ恋でも一途に生きるか、別の恋でモテモテに生きるか

「今の恋を諦めて、新しい恋にチャレンジしなさい」とアドバイスしたところで「この恋を諦めるなんてできない」「ずっと一途に相手のことを好きでいたい」「これ以上人を好きになることは出来ない」と、一途に今の恋に生きることを誓う人もいる。

それはそれで恋の生き方である。そう思うならそうした方が良い。恋愛は自由意志なのだ。後悔の無いように、信じた道を行けば良いだけである。

ただし、その恋はけして実らない。それを覚悟の上で相手の事を想い続けなければいけない。でなければ、いくら努力しても報われないことや、焦りの気持ちなどから、自分の愛の見返りとして相手に愛情を求め始めるのが常だからである。

そして、叶わぬ恋を承知で一途を貫くのであれば、モテモテの幸せへの道も諦めるべきであるということを忘れてはいけない。叶わぬ恋でも一途に生きるか、別の恋でモテモテに生きるかどちらを選ぶかはあなた次第だ。

一途な恋は美しい。但し・・・

「一途に相手の事を想い続ければ、いつかこの真剣な想いは伝わるはず。」などと、一人の人を一途に愛し続ける気持ちは美しい。そしてその一途で純粋な想いが相手に伝わった時、相手はあなたのところへやってきて「私も愛している」と言う。そんなドラマや映画のような恋愛も確かにあるはずだ。

しかしそれはあくまで、相手があなたに対して好意を抱いている場合のみ成立する恋愛である。「キモい」と思われてしまった後では残念ながらあなたのその一途な想いや、恋いこがれる情熱、相手を想う純粋な気持ちは相手には伝わらない。

伝わるのは「想い」ではなく「重い」である。

なので、あなたが相手のことを想えば想うほど、それは呪いの呪文にも似た重苦しさで相手の元へと届く。そして相手はその重苦しさに耐えかねてあなたから距離を置き、離れていってしまう。

一日も早く新しい恋へ心を向かわせるべきである

一度離れてしまった相手の気持ちを取り戻したり、「キモい」と思われてしまった後に挽回することは極めて困難なことである。そんな奇跡は万に一つも無いと思った方が良い。

だから全て振り出しに戻して新しい恋を今すぐ始めるべきなのである。可能性の無い辛くて苦しい片想いの恋のことはさっさと忘れて新しい恋を探しはじめることだ。それがあなたの幸せな恋愛への第一歩である

これからあなたが選ぶ新しい相手は、あなたの事をまだ「キモい」とは思っていない。まだ真っ白な状態である。そこからあなたが正しいアプローチをすれば、その恋が叶う可能性は非常に高い。少なくとも今の辛い片思いを続けるよりもずっとずっと幸せになれるはずである。

好きな人のことを諦めるのは簡単ではないだろう。しかし「好き」という気持ちは、簡単に言えば思い込みに過ぎない。「あの人しかいない」「あの人のことしか考えられない」というのも、激しく思い込んだ結果である。時間をかけてひたすら自己暗示のように「あの人のことが好きだ」と思い続けてきた結果が恋なのである。

逆に言えば、今好きじゃない誰かのことも、同じように思い続ければ、それはやがて恋へと変わっていく。

人を好きになるのは簡単である
新しい恋はいつだってすぐに始められる。

あなたが恋に落ちることのできる相手は、今現在好きな人だけではない。もっとたくさんの、そしてもっと素敵で、もっとあなたに相応しい相手が世の中には沢山居て、その相手の新しい恋愛ができる可能性があなたにはあるのである。

その気になればいつだって振り出しに戻せる。新しい恋を始められる。そして、新しい恋を始められれば、あなたは今よりもハッピーになれる。辛くて苦しいだけの片想いの恋をこれ以上続ける必要はないのである。

-モテる教科書
-

Copyright© モテたい人のための恋愛必勝法 , 2019 All Rights Reserved.