モテる人になるための基本

モテないのは気持ち悪いからである

更新日:

モテる人とモテない人にの間に違いはほとんどない。ただ決定的な違いが少しあるだけである。

なので、今まで誰とも付き合ったことがなく、全くモテない人生を送ってきたとしても、その違いに気付くことさえできれば、モテる切っ掛けを掴むことができるのである。

もっと言うのであれば、モテるかモテないかはその違いに気付くか気付かないかだけなのである。

モテる人とも手ない人の間にある決定的な違いとは

モテるようになるために必要なことはモテる人とモテない人との間にある決定的な違いを知ることである。

その違いを知ることでモテるようになるための正しい努力ができるようになる。逆に言えばそれが理解できなければいくら努力しても正しい努力ができないために、けしてモテるようにはならない。なのでモテるよになるための基本としてその違いについて理解してもらう必要がある。

その違いとは何か?

それは気持ち悪いか気持ち悪くないかである。モテる人とモテない人との間にある決定的な違いはたったそれだけでそれが全てである。シンプルで明確なその答えでモテるかモテないかが決まってしまう。

気持ち悪ければモテない、気持ち悪くなけれモテる。

気持ち悪さはモテるための最大の敵である

気持ち悪い要素をなくすことでモテるようになる

気持ち悪いと思われているうちは誰であろうとモテない。たとえどんなにイケメンでも美人でも絶対にモテることはない。気持ち悪さはモテるための最大の敵なのである。

モテない人は多くの人から気持ち悪いと思われている。それがモテない理由の全てである。逆に言えばモテる人は気持ち悪いと思われていないからこそモテるのである。

つまり、モテない人は自分自身の気持ち悪い部分をなくしていきさえすれば自然とモテるようになる。モテるモテないは気持ち悪いか気持ち悪くないかで決まるからである。

モテるためには自分自身で自分の気持ち悪さに気付き、それを自分自身で修正していくしかない

自分が気持ち悪いかどうかを客観的に判断する基準

隣を歩きたいと思われる人になれ

自分が気持ち悪い存在なのかどうかの判断を自分自身でするのはとても難しい。れは自分の体臭に気が付けないように、自分の気持ち悪さににはなかなか気づけない。

自分の気持ち悪さに気づくためには客観的な視点で自分自身を考える必要がある。そのための最適な方法はあなたがあなた自身の隣を歩きたいと思うかどうかを考えてみるのである。

何故なら、普通の人は気持ち悪いと思うような人と一緒に街を歩きたいとは思わない。気持ち悪いと思う人と一緒に居ることは何より不快であり逃げ出したくなるようなシチュエーションだからである。逆に多くの人は、素敵だと思う人、好きな人の隣は歩きたいと思うものである。素敵な人や好きな人と一緒に過ごすというのはそれだけで心地よく幸せな気分になれるからである。

なので自分自身のキモさを確認しようとする時は、あなた自身が誰かの隣を歩いて恥ずかしいと思われない人かどうかを客観的に考えるようすると良い。そうして少しでも一緒に歩きたいと思えるような人になれるように努力するのである。

そうして客観的に自分自身を修正していくことでモテるための正しい努力ができるようになる。その努力を重ねた結果、一緒に歩いても恥ずかしくないと思えるようになった頃に、あなたの隣を歩いてくれる素敵な人が現れるはずである。

まずは三ヶ月、隣を歩きたいと思われるような素敵な人を目指して自分自身の気持ち悪さを修正する努力を重ねてみていただきたい。

-モテる人になるための基本
-

Copyright© ヤツハリダイスケ式恋愛必勝法 , 2019 All Rights Reserved.