片想い

恋愛相談はするな!恋愛アドバイスに従うと恋が駄目になる理由

更新日:

恋愛相談のアドバイスに従うとその恋は間違いなく駄目になります。

何故ならば一般的によく言われる恋愛論の答えはいつも相思相愛を前提としているからで、片想いのための答えではないからです。

しかし多くの人はそのことに気が付かずに恋愛相談に乗り、恋のアドバイスをしてしまうのです。

一般的な恋愛論は相思相愛の関係の中でのみ正しい

恋愛アドバイスに相思相愛が前提になっている

一般的な恋愛論を信じて多くの人がモテるための努力をしています。しかし、多くの人はどんなに努力をしたとしてもモテるようにはなりませんし、片想いの恋が叶うこともありません。

例えば、優しい人がモテると聞けば、好きな人のことをを四六時中観察して相手の様子を伺い、意気消沈しているような時があれば、ここぞとばかりに優しく相手を気遣ってみたりします。

またある時には、誕生日や記念日を忘れないマメな人がモテるという情報があれば、誕生日に盛大に贈り物をしたりしてマメな人を演じたりするのです。

しかしそんな努力をしたとしても、誰もあなたのことを好きになったりはしてくれません。

何故ならば、一般的に語られる全ての恋愛論は相思相愛の人達のための答えであり、片想いをしている人のための答えではないからです。

一般的な恋愛論から導かれる定番のアドバイスと言えば下記のようなものが挙げられます。

● 積極的に相手に気持ちを伝えた方が良い
● 好きと言われて嫌な気になる人はいない
● 誕生日や記念日を忘れてはだめ
● 贈り物をするのが良い

上記のような定番の恋愛アドバイスは、全て相思相愛を前提とした考え方であり、片想いの場合にこのアドバイスに従うと裏目に出てしまうことも珍しくありません。

恋愛相談の答えは相思相愛でなければ裏目に出てしまう

お互いに好き同士が積極的に好きという気持ちを伝え合えば気持ちはさらに盛り上がり、お互いの気持を確認できるので幸せで嬉しいものです。記念日を祝ったり贈り物をしあうこともお互いの気持ちを盛り上げるための大切なイベントにもなるでしょう。

しかし相思相愛でない片想いの場合は全く違った結果になるのです。

片想いの状態で恋愛アドバイスに従い、誕生日などに過剰な贈り物をしてみたり、相手の様子を常に伺ってなにか浮かない顔をしているようであれば心配したりしてみても、その行動は全て相手に自分のことを好きになってもらいたいという気持ちがメインになってしまうのです。

要するに、相手よりも自分が大切で、自分自身が得たいものを得るための行動というわけです。

何かを求められると人はそれを負担に感じる

何かを求められると人はそれを負担に感じます。気持ちを積極的に伝えられるたびに、贈り物を受け取るたびに、何かをすぐにお返ししなくてはいけないという義務にも似たプレッシャーを感じてしまうのです。

モテない人がやってしまいがちな玉砕型の告白は典型的で、独りよがりで相手に答えを求める気持ちの伝え方です。相手に気持ちを伝えて自分がスッキリしたいがための告白なのに加えて、相手に答えを求める(しかも即答)わけですから、それが相手にとって負担にならないわけがありません。

もしもあなたが興味の無い人からしつこく好きだと言い続けられたらどう思うかを、そして好きでもない人から誕生日に立派過ぎる贈り物をされたり、事あるごとに心配されたりするとどう思うかを想像してみてください。

好きだという気持ちがあるのを前提にそのような行動をされた場合、受けた親切や貰った贈り物の代わりに何かをお返ししていかなければという負担になるはずです。もちろん相手のキャラクターにもよりますが、相思相愛でなければ相手の優しさや贈り物を素直に受け取ることは普通は出来ないはずです。

片想い用の恋愛論

片想いにとっての正しい恋愛論は一般的な恋愛論とは異なります。

なので片想いの場合には片想いを前提にした恋愛論が必要になるわけですが、残念ながらそのように片想いを想定した恋愛論はほとんど見かけることがありません。

要するに、自分自身で答えを見つけていくしかないのです。

間違っても恋愛相談を誰かにしてそのアドバイスに従うなどということをしてはいけません。

片想いがうまく進展しない時は方法を見直してみるのが良い

間違った方法では恋は進展しない

恋愛に限らずで、物事が上手く運ばない時は、殆どの場合方法が間違っていることが原因です。

つまり片想いがうまく進展しないのは、あなたが信じている恋愛論が間違っているのです。正しい恋愛論に基づいて行動できるようになるためには、信じている恋愛の価値観を全てリセットするしかありません。

好きな人に好きになってもらうためにマメである必要はありません。好かれようとして好きな人を特別扱いして無理に優しくする必要ありません。相手に好かれようと偽りの自分を演じてみても相手から好かれることはないのです。

リセットするための方法は徹頭徹尾相手の気持ちを考えることなが大切です。好きな人に好きになってもらうおうとするのではなく、純粋に相手に喜んでもらえるかどうかを考えて行動できるようにならなければいけないのです。

自分よりも好きな人を優先できれば好きになってもらえる

好きな人に好かれるためには、自分よりも好きな人のことを大切に思って行動してください。

あなたが何故、好きな人から好きになってもらえないのか?

それはあなたが相手のことを考えて行動しているのではなく、根本で自分のことばかりを考えて行動しているからです。

例えば、優しい言葉をかける時も、何かの贈り物をする時も、優しく相手を気遣う時も、相手に好きになってもらうためではなく、相手に喜んでもらうためにするべきなのです。

この価値観の転換ができるかどうかか恋が叶うかどうかを左右する根本的な鍵になります。

それが理解できるようになれば、玉砕型の告白で相手に気持ちを伝えてはいけないということが理解できますし、すきな人だけ特別扱いすることもマイナスにしかならないということが理解できるようになるのです。

結果的に正しい行動ができるようになり、片想いをうまく進展させて恋を叶えることができるはずです。

自分の幸せだけを求める人は幸せにはなれない

-片想い

Copyright© ヤツハリダイスケ式恋愛必勝法 , 2019 All Rights Reserved.