片想いを叶える

恋は楽しいものである。好きな人に好きと伝えることの大切さについて

更新日:

理想の恋は好きな人と相思相愛になり好きな人を一途に思い続けられる恋である。

その逆が片想いである。

長い辛い片想いをすると、悪い意味でその人しか見えなくなり、その人のことしか考えられなくなる。しかし想いを伝えられる術もなく、お互いの距離を詰められないまま、時間だけが過ぎていく。わずかな希望にすがりながら、ただただ辛い恋をズルズルと続けてしまうのである。

恋愛が下手な人は相思相愛にはなかなかなれない。いつも辛い片想いをしてしまう。

それは運が悪いのではなく、その人自身の振る舞いが状況を悪くしてしまうのである。その人自身が辛い片想いを選択してしまうのである。

何故、恋は楽しいはずなのに、何故、辛くて苦しくて切ない恋ばかりしてしまうのか?その理由について考えてみたい

楽しくなければ恋ではない

辛い恋はモテない人特有の恋

誰かのことをひたすら想い続けるような真剣な恋。長い長い片想い。

もう後戻りもできないほど長い時間を片想いに費やす人がいる。

それは非常に純粋で美しいもののように見える。しかし実態は苦しみと不幸だらけである。

このような恋はモテない人特有の恋である。苦しく、悲しく、切ないのである。

このような恋をしてしまうと真剣さゆえに自分の気持ちすらコントロールができず、正常な判断ができなくなってしう。多くの場合、深く長い片想いの沼にハマり込み、抜けようにも抜け出せない最悪の泥沼の中でもがき苦しむことになる。

身の回りの多くの人が恋愛の楽しさを享受している中で、自分ひとりが片想いの沼の中で長く辛い不幸な時間を過ごしてしまう。

恋は楽しいものである。しかしモテない人の恋は辛くて苦しい

恋は本来楽しいものである。

ウキウキワクワクしながら、これから始まるであろう好きな人との素敵な出来事を考えればじっとしていられなくなる。

ところがモテない人のようにストイックで自分を追い詰めるような真剣な恋をしてしまうと、楽しいのはほんの一瞬で、すぐに辛くて苦しい片想いが始まってしまう。

モテない人の恋は辛くて苦しくて切ないだけで楽しくないのである。楽しい出来事があったとしてもそれはより高い場所から絶望に突き落とすための前フリでしかない。

何故、モテない人の恋は辛くて苦しくて切ないだけの片想いになってしまうのか?

モテない人の恋は、好きな人だけに気持ちが集中し過ぎてしまうのである。

「この人じゃなければだめだ」「この人以外は好きになれない」「この人以上に好きになれる人はいない」などとおもいこんでしまう。

せっかく恋をしたのに、恋を楽しんだり喜んだりすることができない。相手を崇めてしまって近づけない尊いものにしてしまう。そして恋を楽しいものではなく、遠く届かない辛くて苦しくて切ないものにしてしまうのである。

モテない人の恋は心に余裕が無い

モテない人の恋は、良く言えば真剣で一途な恋である。しかし悪く言えば遊びのない窮屈な恋である。自分に自身が無いから心に余裕が無いのである。

そうすると、好きな人が自分の方を見ていてくれる時はこれ以上にない幸せな気分になれるのであるが、好きな人が自分の目の前から居なくなってしまえば、すぐに不安や嫉妬で楽しめなくなってしまう。

あれこれ考え過ぎて行動が不自然になる

恋をすると好きな人に対して自分の気持を伝えたくなる。それは自然に心の底から出てくる素直な気持ちである。

モテる人はその気持にとても従順で、それをすぐに好きな人に伝えることができる。気持ちを伝えること自体が幸せな気持ちになれることを知っているからである。

しかし、モテない人はそこでいろいろと考え過ぎてしまう。悩んでいる間に気持ちがどんどん大きくなり、気持ちを伝えるには重すぎるところまで想いが大きくなってします。妄想ばかりが膨らむようになる。そうすると妄想と現実そのギャップ苦しむことになり、適切な判断ができなくなってしまうのである。

結果として行動はどんどん不自然になり、好きな相手との距離が離れてしまうようになる。

恋をした時に一番正しいのはその気持に素直になり、できるだけ早くその気持を相手に伝えて自分の気持を相手と共有することである。好きになれば「好き」だと伝え、どんどん好きになったのであれば「どんどん好きになる」と伝えれば良いのである。自分の気持の成長を相手と共有できることが幸せにおいて最も重要なのである。

しかし考え過ぎてしまうと、どんどん気持ちを伝えられなくなってしまう。考えているうちに相手との距離感を縮める最高のチャンスを失ってしまう。

真剣な恋をやめると恋が楽しくなる

一途に好きな人のことを思い続ける恋では幸せにはなれない

かつての私も多くのモテない人たちと同じように心に余裕のない恋をしていた。一途に誰かのことを想いつづけることこそが恋の在り方であり真実の愛だと思っていた。そうしなければいけないと思い込んでいたからだ。

しかし、一途に好きな人のことを想い続けても、その恋は辛く苦しく切なくなるだけでけしてハッピーな気持ちになれることはなかった。手に入らないもどかしさや嫉妬から苦しい思いばかりをしていた。

そんな私に転機が訪れたのは、大好きだった恋人から裏切られてしまう辛い失恋をしたのが切っ掛けだった。それは嫉妬で気が狂いそうになり仕事も手につかなくなるくらい辛い酷い失恋だった。

その辛い失恋から立ち直るために私は、今後誰から裏切られても深く傷つかないように「誰かのことを一途に想うような真剣な恋は二度としない」という選択をしたのである。

気軽な関係を楽しむ中で見えて来たもの

それまでの私は、好きな人だけに対して全力で想いを寄せるような恋をしてきた。しかし一途に好きな人のことを思い続けなければいけないというような、決まりが世あるわけではない。それは自分自身が勝手に創り上げた理想の恋でそれが正しいわけではなかったのである。

もう傷つきたくない私は、一途に好きな人のことだけを想う真剣な恋を止め、もっと自由でもっと気楽な関係を求めて不特定多数の異性と遊ぶようになった。もう傷つきたくないという思いから特定の誰かに対して全力で気持ちを捧げるということを意識的に避けようとしていたのである。

そんな中で、私は「異性と交遊することは楽しいことなのだ」というすごく単純ですごく基本的なことに気付くことができたのである。

好きな人のことを一途に想い続ける真剣な恋をしていた時は、ただひたすら苦しい辛く切ない恋ばかりをしていて、相手に近づけないもどかしさに苦しんでばかりいて、恋が楽しいと思えるようなことがほとんどなかった。

ところが、気楽な付き合いをはじめると「良いな」と思う相手が出てきたとしても、今までのように恋に苦しむことがないということに気がついたのである。気持ちに余裕があるのでその人のことだけではなく、他にも素敵な人がいるということに気がつくことで気軽な連外ができるようになったのである。

盲目になるとなかなか気付けないことではあるが「一途に好きな人を想い続けること=好きな人のことを想う気持ちの大きさ」ではないのである。

恋とは楽しいもの、誰かの素敵に気付ける気持ち

恋をする時に大切なのは、誰かの素敵な部分に気付けるということである。素敵な部分に気が付けるようになれば、それが切っ掛けになって、その人に対して興味を持てるようになる。そこから恋が芽生えるようになる。

いろいろな人の素敵な部分に気づけるようになれば、恋のチャンスが多くなるということでもある。それが実際にそれが恋まで発展するかは別としても、恋のチャンスが多ければ多いほど、それに比例してあなたを取り巻く状況がとても楽しいものになるのである。

あなた自身が楽しんでいる時、あなたは魅力的な人である

誰かの素敵なな部分に気付けるようになるためには、あなた自身の気持ちや興味が多くの人に向けられている必要がある

真剣で余裕のない恋をしている時には盲目的になってしまい周りが見えなくなってしまう。好きな人のことだけを考え、好きな人に好かれようとはするけれど、それ以外の周りを見渡す余裕が一切なくなってしまい他の人に対して興味を持てなくなってしまう。

その結果、恋は辛くて苦しくて切ないものになってしまう。周りの人から見てもあなた自身が魅力的には見えなくなってしまう。

いろいろな人に気持ちを向け、興味を持てるようになれば、それぞれの素敵なな部分に気付けるようになる。そうすると楽しいと思える時間多くなる。素敵と思える人と過ごす時間は楽しいものだからだ。そしてあなた自身が楽しいと思いながら多くの時間を過ごせるようになると、あなたは周りから見て素敵な人に見えるようになり、必然的にモテるようになる。

恋を楽しめ

人と人との関係はとてもシンプルなものである。自分が楽しければ相手も楽しい。それが全てである。

人は楽しいと思える場所が大好きだしそこに長く居たいと思うものだ。そして人は笑顔や楽しんでいる姿に魅力を感じる。無邪気な人が魅力的に見えてしまうのはそのためである。

モテない人は辛くて苦しくて切ない恋をしてしまう。しかしそれは間違いである。恋は楽しいものである。恋をすればウキウキワクワク毎日が素敵に輝くようになる。

そうならないのは相手に気持ちを伝えないからである。すぐに伝えないで隠してしまうからである。

好きな気持を相手に伝えることは素敵なことである。幸せになるための必要条件である。恋を楽しくするためには好きな相手に気持を伝えなければいけない。

誰かのことを好きになれば、なるべく早く相手に気持ちを伝えることだ。そうすることで恋は楽しいものに変わるはずである。

-片想いを叶える

Copyright© モテたい人のための恋愛必勝法 , 2020 All Rights Reserved.