恋人が出来ない理由

モテる人とモテない人の違いとモテるために必要な努力について

更新日:

モテる人とモテない人を観察してみると、モテる人にはモテる人の、モテない人にはモテない人の共通点があることに気が付く。

その共通点を研究することで、モテるためにすべきことや、逆にやってはいけないことが理解できるようになる。

モテる人の共通点、そしてモテない人の共通点とは何かを探ってみることにする。

モテる人とモテない人の違いとは

モテる人とモテない人の違いを簡単に説明するならば嫌われる要素が少ないか多いかである

モテる人は人から嫌われる要素が少ないが、モテない人は嫌われる要素が多い。

好みは人それぞれで違うものなので、どのタイプがモテるとかモテないなどと型にはめて考えることはできないが、嫌われる要素が少ない人ほどモテて、嫌われる要素が多い人はモテないというのは一つの正解と言える。

重要なポイントは好かれる要素が多い人がモテるのではないという点である。あくまで嫌われる要素が少ない人がモテるのである。

魅力的だからモテるのではない

モテない人はどうしたらモテるようになるのかを考えた時に「モテる人は魅力的でプラス要素が多いからモテるのだ」と考える。しかし実際は「プラス要素が多い人」よりも「マイナス要素が少ない人」の方がモテるのである。

プラス要素になる項目

● ルックスが良い
● お金持ち
● 有名人

マイナス要素になる項目

● 服装が絶望的にダサい
● 自意識過剰でナルシスト、かまってちゃん
● 不潔・臭い
● 性格が悪い

モテるためにプラスになると思われる要素とマイナスになると思われる要素を書き出してみた。注目してほしいのはプラスになる要素は先天的なものが多いが、マイナスになる要素は後天的なものが多いという点である。

先天的な要素は自分の努力ではどうしようもない。それが天命として受け入れて生きるしかない。しかし後天的な要素は努力次第で修正することができるのである。

モテない人にはマイナスになる要素が多い。それはモテない人がそういう生き方をしてきたからである。モテるためにマイナス要素をなくそうと努力をしてこなかったからである。

モテるためには、このマイナス要素をなくさなければいけない。マイナス要素があるうちは、いくら魅力的な部分を増やしたとしてもモテるようにはならないからである。マイナス要素をなくす努力をして初めてモテるための正しい努力をしたと言える。

しかし世の中にはそれに気が付かない人が多い。マイナス要素をなくそうと努力するのではなく、魅力的な部分を増やそうと四苦八苦している。しかしそれらの努力はモテるための努力とは残念ながら言えない。

ルックス・容姿はモテる要素として重要か?

ルックス・容姿が悪いとマイナス要素になるのではないか?と考える人も多い。

確かにルックス・容姿が良い方が第一印象が良くなる。なのでどちらが良いかと言われればルックス・容姿が良いに越したことはない。

しかしルックス・容姿の評価は人によって大きく違う。そうでなければ誰もが同じ人を好きになってしまう。人の好みはいろいろなのに加えて流動的である。なので一般的にブサイクと呼ばれるルックス・容姿でもマイナス要素にはなるとは限らない。

ましてルックス・容姿は表面的なものでしかない。重要視されるのは最初だけで、付き合いを重ねれば重ねるほど重要な要素ではなくなるのである。

もしもナンパ師のようにワンナイトだけの付き合いをしたいのであれば話が変わる。ナンパの効率を上げるためには第一印象が非常に重要になるためルックス・容姿が重要視される。

言葉は悪いが「美人は3日で飽きる。ブスは3日で慣れる」とは、まさにルックス・容姿が重要でないということを表す言葉であると言える。

モテるために必要な努力とは

モテないのは魅力が無いからではない。嫌われる要素があるからモテないのである。

自分の魅力的な部分を伸ばしたり増やそうとして習い事をしたりすることは消して悪いことではない。しかしそれらの努力は残念ながらモテることには直結しない。それよりもまず、嫌われる要素を少なくすることがモテるために必要な努力である。

嫌われる要素がなければ拒絶されることはない

なぜ、魅力的な部分を伸ばすよりも、嫌われる要素をなくすことの方が重要なのか?

それは人は拒絶する理由が無ければなんとなく受け入れてしまう性質があるからである。拒絶するためには理由が必要で、明確な理由がなければ拒絶することができないのである。なのでその間に相手に対して正しいアプローチをすることができれば、相手との距離縮めて良い関係を築くことができる。

ところが嫌われる要素があると相手に拒絶する明確な理由を与えてしまうので、それを理由に拒まれるようになる。いくら自分の魅力をアピールしてみたところで、嫌われる要素を理由に一蹴されてしまうのである。

モテたければ自分自身を客観的に観察し、嫌われそうなマイナス要素に敏感になることだ。早くそれに気付き修正できるかがモテるモテないかでは非常に重要なポイントになる。そしてそれを実行することこそがモテるために必要な努力であり唯一の方法である。

モテるための努力とは嫌われる要素をなくすことである

-恋人が出来ない理由

Copyright© ヤツハリダイスケ式恋愛必勝法 , 2019 All Rights Reserved.