恋人が出来ない理由

見返りを求めなければ恋は叶う

更新日:

好きな相手に対しては、何かをしてあげたいとか、プレゼントを贈りたいという気持ちになるものです。

好きな人に対して愛情表現したいと思うのはすごく自然なことですし、その想いや、それに伴う行為自体は素晴らしいものだと思います。

しかし、その気持ちや行為に見返りを求めると、全く違ったものとして相手に伝わってしまうのです。

正しい愛情表現は見返りを求めない

正しい愛情表現は、けして見返りを求めません。純粋に相手のことを愛しいと思う気持ちから行動するのです。

しかし、モテない人は相手に見返りを求めて行動します。つまり、間違った方法で愛情表現をしてしまうのです。

結論から言ってしまえば、愛情表現に対して見返りを求めるか求めないかでモテる人、モテない人が分れるのです。

表面的には全く同じような愛情表現だったとしても、見返りを求めるか求めないかで、相手の感じ方は全く異なってくるため、それが結果にも影響するのです。

見返りを求めると相手から重いと思われてしまう

愛に見返りを求めてしまう人は、相手のことを想って優しくしたり、贈り物をしたり、自分を犠牲にして相手のためにいろいろ尽くしたとしても、最終的には相手から好きになってもらえることはありません。

何故ならば、相手はあなたの愛情表現を重いと感じてしまうからです。

よくある例として、あなたが片想いをしている相手に、親切にしたり、優しくしたり、プレゼントをしたりすることがあると思います。

例えば、相手のことを常に観察して、相手が少しでも浮かない表情をしていれば「大丈夫?悩み事とかあるの?困った事があったら力になるよ」などと相手を気遣ったりするようなことがあると思います。

見返りを求められない場合、相手はその行為を嬉しく思い、感謝もするでしょう。時として心を動かされてしまうこともあるかもしれません。

見返りを求められると人はそこから逃げたくなる

しかし見返りを求められると結果は大きく違ってきます。最初はその行為を嬉しく思うものの、次第に精神的な重さを感じるようになり、素直に受け入れることができなくなるのです。

そのうちあなたに何かをしてもらうのを遠慮したり、時にはあからさまに拒絶をすることもあります。贈り物などに対してはヨソヨソしい形で一つ一つにお礼の品を返すようになるのです。

何故ならば、人は見返りを求められない親切や贈り物に対しては素直に受け入れて感謝できるのですが、見返りを求められるような親切や贈り物に対しては、何かをお返ししなければいけないというプレッシャーを感じてしまうため、なるべく借りを作らないようにしはじめるからです。

好きな人に気に入られようとして相手に何かをしようとする場合、少なからず相手に自分への気持ちを求めていしまうため、本人が意識しているしていないにかかわらず、そのようなプレッシャーを相手に負わせてしまっているのです。

その重苦しいプレッシャーから逃れるために、お返しをすることで精算しようとしたり、新たな借りを作らないように遠慮したり拒絶したりするようになるというわけです。

モテない人は見返りを求め続ける

残念ながらモテない人にはそういった精神的なメカニズムに鈍感な人が多いです。

ストーカーになりやすい人はまさにこの典型で、相手を気遣ったり、贈り物をするその裏側には、自分の気持ちを受け入れて貰いたいという見返りを求めていて、気持ちが受け入れられないと判ると「あんなに親切にしてやったのに!」「今までお前に遣ってきた金を返せ」などと最後まで見返りを要求し続けるのです。

誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントの質の違い

見返りを求めない行為と見返りを求める行為の違いを考える時には、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントの違いを考えると分かりやすいです。

精神的に成熟している人は誕生日を祝われること自体は嬉しいと感じますが、誕生日プレゼントを貰うことはあまり嬉しいとは思わないものです。

何故ならば、誕生日は生きている限り誰にでもやって来るものであり、自分が誰かから誕生日に何かプレゼントを貰うということは、今度はその人の誕生日に何かを贈らなくてはいけなくなるからで、誕生日プレゼントを受け取った時点から、お返しをしなければいけないというプレッシャーを感じてしまうのです。

一方クリスマスプレゼントは、実際の話は別として、設定としてはサンタさんが持って来てくれるモノなので、お返しが必要の無いプレゼントです。そのようなプレゼントは貰えると単純に嬉しいものなのです。

僕自身、誕生日を祝って貰うのは嬉しいのですが、プレゼントを貰ったりするのはあまり好きではありません。

なので、仲間の誕生日を祝う誕生パーティーなどがあった場合は基本的には喜んで参加しますが、何かのプレゼントを準備しなければいけないような誕生日パーティーには参加しないようにしています。

プレゼント交換をしはじめると、結局は贈り贈られの貸し借り状態になってしまうので、次第に重荷に感じるようになり、集まり自体が持続しなくなるものです。

もちろん、恋人や家族が誕生日を祝って誕生日プレゼントを贈るというのは大いに賛成ですし、僕自身も実践しています。そこには見返りは当然期待していないですし、お互いが本当に贈り合いたいという関係だからこそ成り立つことができるのです

バレンタインデーが男性に不評な理由

バレンタインデーは女性から男性にチョコレートなどを贈る儀式として国民的行事と言えるほど定着したイベントです。

毎年節分が終わると同時にスーパーやデパートなどではバレンタインデー商戦が始まり、バレンタインデー用の特設コーナーが設けられます。

世の中の女性たちは会社や友人たちに配るための義理チョコを買い込んだり、仲間と話し合って義理チョコを準備すべきかどうかで悩んだりもするようです。

これは世の中の女性が、男性はバレンタインデーにチョコレートを貰うと嬉しいと思うと本気で信じているからなのでしょう。

しかし、バレンタインデーというものを男性の立場から言わしてもらえば、バレンタインデーの贈り物、特に義理チョコなどは正直なところ全く嬉しくありません。それどころか可能であれば断ってでも貰いたくないものなのです。

お返しの必要な贈り物は受け取った時点から負担になる

何故ならば、バレンタインデーにチョコレートを貰ってしまうと、その一ヶ月後にあるホワイトデーに何かを返さなくてはいけない義務が発生してしまうからです。それが男性にとっては非常に煩わしく面倒なものとしか思えないのです。

バレンタインデーと言えば、女性が好きな男性に愛の告白をする日だったと思いますが、いつの間にか女性から男性にチョコレートを贈る日になってしまい、その流れでホワイトデーには男性から女性にお返しをする日となり、煩わしい義務感に溢れた意味のわからない行事に成り下がってしまっています。

もはやバレンタインデーは男性にとってドキドキする日ではなく、精神的に煩わしい気分にさせられる日であり、そうなってしまったのも全て、見返りを求められることの精神的な重さがあるからなのです。

バレンタインデーが義務的な行事に成り下がってしまったあたりから、バレンタインデーに対して冷ややかな見方をする人が多くなり、義理チョコを廃止する流れも出ているようですが、当然の流れと言えるでしょう。

見返りを求めるからモテなくなる

見返りを求めると相手にプレッシャーを与えてしまい、それが原因で相手が離れようとするわけですが、困ったことに見返りを求めるような人は自分でそれを自覚していない場合がほとんどなのです。

好きな相手に何かをする時や贈る時にお返しを期待していないかもしれませんが、好きな相手に何かをしてあげたい、何かを贈りたいと思う理由として、相手に気に入られたい、相手に喜んでもらいたいと考えたりすることはないでしょうか。

物質的な見返りを求めず、単に相手に喜んでもらいたいと思うだけでも、あなたが望んだ反応を相手に期待していることになり、相手にその反応を見返りとして求めていることになるのです。

例えば、きっと喜んでもらえるに違いないと思いながら相手に贈り物をしてみたところ、相手の反応があなたの望んでいたような反応でなかった時に、あなたは落ち込んでしまうかもしれません。

それは相手の喜ぶ反応を期待していたからで、その期待通りの反応が相手から反ってこなかったがために残念だと感じてしまうのです。

要するに、相手に対して喜ぶ姿という見返りを期待していたのと同じなのです。

そういう気持ちは相手に必ず伝わります。だから相手は「あなたの望んでいる反応をしなければいけない」というプレッシャーを感じてしまい、期待されているであろう嬉しさの表現をしようとするのです。そしてそれが積み重なれば精神的な重さへと変わっていくでしょう。

このような、精神的な重さが積み重なると、次第にその重さに耐え切れなくなり、その重さから逃れるために相手は次第にあなたとの距離をおくようになります。

この情況を避けるためには、何も見返りを求めない以外に方法はありません。相手に何かをしてあげたと思う気持ちだけで満足すべきで、そこから先にある相手の喜ぶ反応すら期待してはいけないのです。

肝心なのは、あなはたあなたが好きな人に対して何かをしたい、何かを贈りたいと思ったからそうすることは許されますが、そこから先に関しては相手の領分であり、何も求める権利はありません。

強いて言えば、あなたが何かをしたい、何かを贈りたいという気持ちを実行させてもらえること自体が報酬で、それ以上のものを求めてはいけないのです。

愛情表現のあるべき姿

好きな人に対して、何らかの愛情表現をしたいと思うことはけして悪いことではありません。むしろそんな気持ちを隠したりせずにどんどん愛情表現していくべきだと思います。

しかし、親切や優しさ、贈り物などは、もっと爽やかで気軽なものであることを忘れてはいけません。

何故なら、愛情表現は誰かに求められて行なう行為ではなく、自分から自発的に行なう行為だからです。

モテたいとか気に入られたい、あるいは好きになってもらいたい、好きな人の気をひきたいなどの見返りを求めるような、そんなネバネバした自分本意の欲求のために行為とは無関係であるべきなのです。

愛情表現は常に相手の幸せを願い、相手が喜ぶ事を基本にして行なわれるべきであり、それで相手が喜んでも喜ばなくても、それは重要なことではありません。相手の反応は期待してはいけないのです。

反応を期待してしまえば、相手にはそれがプレッシャーとして伝わるものですし、期待した反応が得られなかった場合は自分自身が苦しむだけで、良いことは1つもありません。

相手に対して何かをすることができた、何かをしてあげられた、それだけが結果で、それこそが最高の見返りなのです。

モテる人はそのあたりの違いをよく理解しているため愛情表現で相手にプレッシャーを与えることがありません。だからモテる人は一つひとつの行動がさりげなく、相手にも負担を与えないので、すぐに良い関係が築けるのです。

何も求めなければ、気軽な気持ちで親切に出来たり、適切な気遣いが出来るようになります。何かをプレゼントする時も、相手に負担をかけないようにさりげなく贈ることができるようになります。

相手に負担を感じさせなければ、相手はそれを素直に受け取ることができるし感謝も出来るのです。

それが見返りを求められるか求められないかで、同じ行為でも全く違った結果をもたらすことになる理由です。

見返りを求めなければモテるようになる

相手のことを喜ばせたかったり、気遣ったりするための行動でも、見返りを求めてしまうということは、結局の所、相手の幸せを一番に考えているのではなく、自分の幸せを優先させていることになります。

残念ながら、自分のことばかり優先したり、自分のためにしか動けない人はモテません。人のために自分を犠牲にできるような人がモテるのです。

自分のことばかり優先する人は、何をするにしてもいつも自分の幸せを基本にして物事を考えるため、相手の気持ちを考えることができません。

そういった独りよがりな気持ちは「こんなにしてあげたのに」「これだけしてあげてるのに」という重苦しいプレッシャーを相手に負わせてしまうことになります。そしてそんなプレッシャーを感じる優しさや贈り物を受け取りたいと思う人はいないのです。

見返りを求めないようになるためには

自分の行為に対して、相手に何らかの見返りを求めるというのは、実は知らず知らずに身につけてしまった生きるための術だったりします。

なので、理屈だけ理解していても、それを常に意識して矯正しようとしない限りは、ついつい見返りを求めた行動をとってしまうものです。身についてしまった習慣を矯正するのは簡単ではないのです。

見返りを求めないようになるためには、少しずつ自分自身の中にある価値観を矯正していくことでようやく実現出来るようになります。

その方法は、日頃の生活の中で、常に自分の行動に対して見返りを求めないということを意識して、全ての行為に対してボランティアのような気持ちで行動するしかありません。

相手からの反応を得て満足するのではなく、相手に対して何かをさせてもらえているという状況に満足ができるようになります。そうすることでようやく本当の喜びとは何なのかを理解できるようになります。

そうなって初めて本当の親切や優しさがどういうものなのかを理解出来るようになり、相手に精神的な重さではなく、さりげなくてさわやかな喜びを与えられるようになるのです。

愛というのは自分のことよりも相手のことを大切に思う気持ちなのです。それに従わなければ人のこころを動かすことはできません。

愛は求めれば失うもが求めなければ手に入る

-恋人が出来ない理由

Copyright© ヤツハリダイスケ式恋愛必勝法 , 2019 All Rights Reserved.