モテる教科書

長い片想いを諦めて新しい恋をはじめるべき理由

更新日:

あなたが今、片想いをしていて相手に積極的なアプローチし続けているものの、相手の反応がイマイチならば、その相手のことはさっさと諦めて新しい恋を見つけた方が良い。

何故ならば、相手にアプローチしても進展の無い片想いが報われる可能性は限りなく低いからである。

長い辛い片想いは諦めて新しい恋を見つけなさい

辛くて苦しい片想いならば、すぐにその恋に見切りをつけて新しい恋を探した方が良い。

しかし実際問題で「諦めろ」って言われてもそう簡単に諦めることができないのが実情だろう。

まだフラれたわけでもない恋を「はい諦めます」とすぐに気持ちを切り替えられるほど人の気持ちは簡単ではないからだ。まして想い続けた期間が長い相手ならなおのこと、そうそう簡単に諦められるものではない。

そもそも、切なくて苦しい片想いからどうやって相手と恋人になれるのかを調べた結果、このページに辿り着いた人も多いと思う。

その答えとして「恋を諦めて新しい恋を探しなさい」では納得できない気持ちももちろん理解できるのであるが、無理なものは無理なのである。可能性の無いものを「頑張れ」とは言えないのである。

「ずっと好きだから諦めない」「今まで想い続けたのだから諦めたくない」そう思う気持ちは当然理解できるものであるが、それでも「さっさと今の恋を諦めて、新しい相手を見つけなさい」と言うのである。

今の苦しくて辛い片想いを諦めて新しい恋をスタートさせるべき理由

相手はあなたのことを恋愛対象として見ていない

いくら相手に積極的に自分の気持を伝えても、恋が進展しない場合、相手があなたに対して好意を持っていない、あるいは恋愛対象として全く考えていないということがハッキリしている。

「何を根拠にそんな事をいうのだ」と思うかもしれないが、あなたの積極的なアプローチや誘いに対して、相手が乗り気じゃない、あるいは相手の反応が薄い時点で、相手はあなたにさりげなく「No」サインを送っているのである。

言い方を変えれば、相手が乗り気であるならば、あなたからのアプローチに対して何らかの判りやすい反応をするものである。例えばデートに誘えば相手はなんとか都合をつけて一緒に会おうとしてくれる。

順調にな恋は打てば響く感じで、何かアクションを起こせば、どんどん進展していくものなのである。

要するに、アプローチをしても何の進展もしないのは、関係が進展しないように相手がブレーキを踏んでいる状態なのである。

関係を深めるのが非常に難しい状況である

好きな相手とは二人きりで会いたいと考える。なのでなんとか二人きりになれるチャンスを探して、デートに誘ったりすることもあるだろう。

その誘いに対して、相手が乗り気でない場合はその恋は既に終わっていると思って間違いない

デートに誘っても「今忙しいから」「その日は都合が悪い」「テストがあるから」「友達との約束がある」などの理由で断られたりするのは、相手からの「あなたとはデートしたくない」という意思表示である。

相手が乗り気であるならば、なんとか都合を付けて会おうとしてくれる。それは逆の立場で考えればすぐに理解できるだろう。あなたが友達と遊びに行く約束をしていたとしても、好きな人から誘いがあれば、どうにか都合を付けて会おうとするだろう。それをしてくれない時点でお察しというわけである。

恋が進展しない理由は相手があなたとの距離を調整しているから

何故、辛い片想いになってしまうのか?

「告白していないから・・・」「相手にきちんと気持ちを伝えていないから・・・」「努力が足りないから・・・」など、理由はいくらでも出てくるだろう。

しかし、たとえ気持ちを伝えなくても、相手が自分に対して何か特別な気持ちを持っているということに気付くものである。

そして普通は気持ちに気づけば、多くの場合は、二人の距離は一気に縮まるか、関係が壊れてしまうかのどちらかになる。

それなのに、片想いのように、付かず離れずな関係が長い期間続いてしまうのは、相手があなたの気持ちに気づきつつも、あなたからの「告白」が無いので、近づき過ぎないように距離を調整しているからである。

要するに、あなたが一歩距離を詰めようとすれば、相手はあなたから一歩距離を離しているのである。だから、さりげなく相手にアプローチし続けていても、相手との距離が縮まらないのである。

そんなわけで「努力が足りない。もっと頑張って踏み込まなきゃ」などと勘違いして強引にアプローチししてしまうようになると、既読スルーや着信拒否になるなど、相手から無視されるようになり、やがては音信不通になるほど離れてしまうような悲惨な結末を迎えることになる。

近づき過ぎないように距離感をコントロールしていた筈が、その距離感を無理やり縮めてきたことに対して「ヤバい」と判断して、さらに距離を置くために、無視したり避けるようになるのである。

そんな状態でさらに踏み込んでしまえば、次はストーカーの出来上がりとなる。

その気のない相手を深追いせずに新しい恋からやり直す勇気を持つ

いくら相手にアプローチしても恋が進展しないのであれば、相手の気持ちを察して、深追いせず、新しい恋からやり直すことを考えた方が良い。

深追いしてしまえば、努力や時間を無駄にしてしまうだけでなく、ストーカー扱いされてしまうような最悪の結果になってしまう。

叶わない恋を置い続けるよりも新しい恋を始めた方が幸せになれる可能性がずっと大きい。新しい恋を始めるということは、今までの努力も、費やしてきた時間も全てゼロになると思うかもしれないが、それでも新しい恋に踏む出すべきである。その方が、更に努力や時間を無駄にすることがない。

「あなたを避けている相手」や「あなたを拒否している相手」に対してはいくらアプローチし続けても、あなたの気持ちを相手が受け入れてくれる可能性はほとんど無い、

新しい恋に踏み出して「あなたを拒否しない相手」に対してアプローチをした方が幸せで明るい未来が手に入る。

築いてきた印象を変えるのは難しいこと

第一印象が最悪だったとしても、その後の努力で印象を変えることができる。だから、もし第一印象で「なんか嫌な人」「なんかキモい人」などと思われても、その後に正しい努力ができさえすれば「イイ人」「ステキな人」にもなることができる。

逆に、第一印象で「イイ人」「ステキな人」と思われても、その後のキモい言動などで「嫌な人」「キモい」と思われることもある。この場合は、絶対と言って良いほど、その後に関係が進展するようなことや好転するようなことはない。

出会ってから多くの時間を費やして積み重ねてきたあなたの言動の中で、相手の心の中に決定付けられたあなたの印象は、よほどの事がない限り覆されることはないのである。

一度決定された印象を変えるのは非常に難しい。なので、あなたのことを「付き合う相手としては見れない」「恋愛対象ではない」と思っている相手に対して、どれだけアピールしてみても、その努力は受け入れられることなく、無駄に終わってしまう。むしろ、アピールすればした分だけ「ウザい」「キモい」「ヤバい」と思われて、より距離が離れてしまう。

努力や時間を無駄にしないためにも、そのような可能性しか残されていない恋からは一日も早く撤退すべきなのである。

長い片想いを諦めて、新しい恋をはじめるべき理由まとめ

● 努力しても相手との距離が縮まらないのは相手が近づかないように調整しているから
● 一度相手の中に築かれた自分の印象を覆すのは難しい
● 自分から離れることで、相手から寄って来ることもある

-モテる教科書

Copyright© モテたい人のための恋愛必勝法 , 2020 All Rights Reserved.