片想いを叶える

モテる個性とモテない個性

更新日:

個性は魅力にも気持ち悪さにもなる

人にはそれぞれ個性がある。
そして個性には良い個性と悪い個性がある。

個性がプラスに働けば、それは魅力になる。個性がマイナスに働けば、それは気持ち悪さになる。

例えば、ルックスが良いとか、お金持ちなどはモテる個性である。逆に、ブサイクだったり、不潔だったりするのは、モテない個性である。

なのでモテるようになりたいと思えば、自分の個性を多くの人にとって気持ち悪いものではなく、魅力的なものにするように努力すれば良いのである。

逆に言えば、モテる個性を身につけられる人がモテる人であり、そのセンスがない人はモテないのである。

モテない人の個性は気持ち悪さである

モテない人は多くの人が気持ち悪いと感じる個性を持っている。
そして多くの場合、自分自身の気持ち悪さに気がついていないので、どうして自分がモテないのかが理解できていない。
逆に言えば自分の気持ち悪さに気づくことができないので、モテるようになることができないのである。

気持ち悪いと思われる個性とは何か?
例えば、何日もお風呂に入らないくても平気な人は、臭さや不潔さといった気持ち悪い個性を持っている。
道路にタンやツバを吐き捨てたり、常識の無いような人も気持ち悪い個性の塊で、多くの人は「関わりを持ちたくない」と思うようなモテない人たちである。

そのような分かりやすい気持ち悪い個性の他にも気持ち悪い個性は沢山ある。
普通に見えていても、粘着質でストーカー気質な性格だったり、やたらと束縛したがるような人たちもまた気持ち悪い個性を持っているのである。
関係を続けていく中で「ヤバい奴かも・・・」と思うような気持ち悪さである。

異性を意識しすぎて、去勢を張ってしまったり、無駄にカッコつけたりしてしまうような人も、客観的に見れば異質で気持ち悪い個性を持っている。

このような気持ち悪い個性を持った人は、多くの人から「関わり合いを持ちたくない」と思われるような存在なので、恋人が出来る可能性は限りなく低い。

しかし、先にも書いたが、モテない人は自分自身が気持ち悪い個性を持っていることになかなか気づけない。自分自身を気持ち悪い存在だと認められないから、モテない理由が理解できないのである。

誰しもがそれなりに個性を持っているのが自然なので、多少なりに気持ち悪い部分を持っているのが普通である。
ただ、人それぞれに好みが異なるので、ある人にとっては我慢できない気持ち悪い個性だとしても、別の人から見れば、全く気にならなかったり、逆に魅力に思えたりもするもので、普通に生きていれば遅かれ早かれで恋人が出来るものである。

なので、恋人ができない人は、度を超えた気持ち悪い個性を持つ人である可能性が高い。
しかし、残念ながらその気持ち悪さを指摘してくれるような人は居ないし、幸運にも居たとしても本人が理解していなければ改善することができない。本人が自身の気持ち悪さに気が付かなければどうしようもないのである。

もしも、恋人いない暦=年齢であれば自分自身が非常に気持ち悪い個性を持っている存在であると考えた方が良い。特に高校を卒業するまでに恋人ができないような人はその可能性が高いと考え、気持ち悪い個性を修正する努力をした方が良い。

一般的なパターン

人それぞれに個性はあり、多かれ少なかれで誰しもが気持ち悪い部分があるものである。
しかし、個性と同じ数だけ人の好みも異なるので、誰かにとってはとても気持ち悪く受け入れがたい個性だとしても、他の誰かにとっては全く気にならなかったり、逆に魅力に感じてしまうこともあるので、中程度の個性は許容される。

なので日常生活を送っている中で、誰かが好きになってくれたりすることもあり、うまく合えば良い関係に発展させることができる。もちろん自分が好きになった相手が自分を好きになってくれるのがベストではあるが、相手が自分の個性を受け入れられない場合は失恋したり、何度アタックしてみても好きになってはもらえない。

要するに、モテたりモテなかったりを繰り返すという、ごくごく一般的な人にありがちなパターンになり、お互いのタイミングはフィーリングさえ合えば、特に努力をしなくても恋人ができる。

もちろん一般的なパターンの人たちの中でも程度の差があるので、ちょくちょく告白されたりする人もいれば、数年に一度、良い関係になれる人など、モテ方にはバラツキがある

モテる人

個性が気持ち悪さではなく、多くの人にとって魅力的なものになっていれば、その人はモテる。
例えば、見た目が良いとか、お金持ちなどは魅力的な個性の分かりやすい例である。

もちろん、魅力的に感じる個性はそのような分かりやすいものだけではなく、いろいろな要素がある。
例えば、声質だったり、佇まいだったり、仕草だったり、人間性などももちろん要素として考えられる。それらの魅力に感じる個性が多ければ多いほど、その人はモテるようになる。

そしてもう一つの大切なポイントとして、モテる人は気持ち悪い個性が極端に少ないのである。気持ち悪さが無いということは拒絶する理由がないのと同じである。

だから自分にあまり興味が無い相手にアプローチした場合でも、相手から拒絶されることが無いので良い関係を築きやすくなるのである。

結果としてモテる人は、黙って何もしなくても相手から勝手に好意を抱いてくれるだけでなく、自分自身がアプローチした場合でも高い確率で相手と良い関係になれるのである。

モテない人がモテるようになるために必要なこと

ルックスやお金などは、なかなか努力だけでは手に入れることができない。それはスポーツ選手のような才能と同じで手に入れようと思っても手に入れることができない。

なので、そのような価値観でモテようと思っても、モテるようにはなれない。しかし、モテる要素はこれらに限定されるものではなく、いろいろな価値観によって決まるものである。

例えばスポーツが苦手ならば、得意な勉強を頑張って負けないようにするのと同じである。つまりは、気持ち悪い個性をなくし、魅力的な個性を増やしていければ必然的にモテるようになるのである。

モテるために大切なのはたった2つ。

まずは、気持ちの悪い個性を目立たないレベルに留めるようにすることである。気持ちの悪い個性を一つずつ消していくことで、好意を抱いてくれる人が多くなっていく。

次に気持ち悪い個性を消していくのと同時に、魅力的な個性を増やしていくことである。

たったこれだけの努力を重ねることで今までモテなかった人が信じられないくらいにモテるようになるのである。

-片想いを叶える

Copyright© モテたい人のための恋愛必勝法 , 2020 All Rights Reserved.