モテる人になるための基本

容姿や見た目は正義!でもブサイクでもモテないわけではない

更新日:

モテるために容姿や見た目が重要だと多くの人が考る。容姿や見た目が良ければ何もしなくてもモテるし、ブサイクなら誰からも相手にされないと、誰しもが経験上そう思い込んでしまっている。

確かに、モテるために容姿や見た目が良いということは非常に重要な条件の1つであるのは間違いない。しかし、容姿や見た目が良ければ必ずモテるかと言えばそではない

あなたの周りにも容姿や見た目は良いけど何故かモテない人がいるはずだ。逆に容姿や見た目はイマイチだが何故かモテまくっている人もいるはずである。

容姿や見た目が良いのにモテなかったり、ブサイクなのにモテたりす現象は不思議に思えてしまうものであるが、実はそこにモテるためのヒントが隠れているのである。

モテるために容姿や見た目は重要ではない

気持ち悪いかそうでないかが重要

容姿や見た目が良いのにモテない、ブサイクなのにモテるというこの不思議な現象も、結局は「キモち悪い人はモテない」という法則が関係している。

つまり、容姿や見た目が良くても気持ち悪い人はモテないし、ブサイクでも気持ち悪い要素がなければモテるのである。

要するにモテるためには容姿や見た目は重要な要素の1つではあるが、それ以上に気持ち悪いか気持ち悪くないかというのがモテるモテないにおいては重要なのである。たとえどんなにイケメンや美人でも、言動が気持ち悪ければ多くの人はその人を避けようとする。

ブサイクは身だしなみで克服できる

ブサイクというのは気持ち悪いと思われる要素の1つではあるが、きちんとした身だしなみを心がけるだけで相殺される程度のものである。

念の為、きちんとした身だしなみをするということは、高級なブランド服や最新の流行ファッションを追いかけるということではない。ユニクロやしまむら、ワークマンでも良いのである。きちんとお風呂に入り、髪が伸びれば散髪する。不潔な格好やだらしない格好をしなければそれで十分である。

ブサイクでも気持ち悪くなければモテる

ブサイクだからモテないは言い訳にはならない

容姿や見た目はモテるためには重要な要素の一つなのは間違いない。特にアイドルなどに憧れる年代である中学生や高校生では、容姿や見た目の重要度はかなり大きく、むしろ全ての価値観を容姿や見た目に求めてしまうような年代である。

なので一部のイケメンや可愛い人を除いて、学生時代にはどんなに努力をしてもモテない青春時代を過ごすことになる。そのため容姿や見た目が良くないとモテないと思い込んでしまうのも仕方ないことである。

しかし、10代も終われば、容姿や見た目に対しての価値観は徐々に他の分野にも振り分けられるようになるものである。

それは、アイドルや俳優のような人はなかなか居ないという現実が見えるようになったり、容姿や見た目以外にも大切なモノがあるということに気が付きはじめるからである。そうすると、どんなにイケメンや美人でも、性格が合わなければ付き合うどころか一緒に食事をするのさえも気がすすまなくなるものである。

どんなに容姿や見た目が良くても性格が合わない相手とは、つまらない時間を過ごすだけになるということに気が付けば、楽しく時間を過ごせる人の方を大切にするようになり、容姿や見た目はあまり重要視されなくなる。容姿や見た目よりもフィーリングの合う相手と一緒にいた方が断然楽しいわけで、結果としてそういう人と一緒にいたいと考えるのは当然である。

多くの人が容姿や見た目ばかりにこだわっていてもハッピーになれないことを経験から学び、容姿や見た目に対する価値観は年齢を重ねるとともに、どんどん重要ではないものになってくる。

しかし悲しいことに、最も恋愛に憧れる学生時代に容姿や見た目が良い人ばかりがモテてきたのを目の当たりにしてきたために、容姿や見た目こそがモテるためには最重要でブサイクだとモテないと多くの人が思い込んでしまっている。

そして容姿や見た目に大きなコンプレックスを持ち、日々鏡を見ながら「もう少しハンサムだったなら」「もう少し美人に生まれていななら」などと卑屈な気持ちで毎日を過ごすようになってしまうのである。

残念ながらあなたの中のそういう価値観や思い込みが一層あなたをモテなくさせてしまっている。そういう価値観を持っているうちは、自分自身が相手を選ぶ際にも知らず知らず容姿や見た目で判断してしまうため、自分にとって本当に大切なモノを見落としてしまう。結果として多くの恋愛の機会を失ってしまうのである。

容姿や見た目は数ある評価基準の中の一つの要素でしかない

容姿や見た目以外の価値観に目を向ける重要さ

人は何で評価されるべきなのか?

容姿や見た目にこだわりたい気持ちも理解はできる。しかし、容姿や見た目だけに固執してしまうのは良くないのである。容姿や見た目以外にも重要なことは沢山ある。

例えば、学生時代が終われば、経済的に豊かであるとか、しっかりとした金銭感覚が備わっていたりすることも重要になってくる。リーダーシップがとれたり、相手を思い遣る心遣いなども重要視されるようになる。

容姿や見た目は所詮表面的な要素でしかない。最終的に重要になるのは一緒に居て楽しいとか、自然体で居られるなど、居心地の良さが重要な要素になるのである。

容姿や見た目ばかりが重要視された学生時代とは違い、大人になればそれらを含めた総合的な価値観で人を評価するようになり、自分自身もまたそのように評価されるようになるのである。

輝ける魅力的な人になるために

見た目や容姿にコンプレックスを持ったままでは人は輝けない。ブサイクだからモテないという卑屈な気持ちがあるうちは魅力的な人にはなれるはずがない。

ブサイクだったために学生時代にモテなかったからといって、その価値観を大人になった今でも引きずってコンプレックスを抱えたままでいると、どんどん卑屈な人間になってしまう。そして卑屈になればなるほど、ますますモテなくなってしまう。

見た目や容姿は人それぞれに好みも違うので完璧はないし正解も無い

なので、好き嫌いの判断は人に任せれば良い。気にすることではないのである。嫌いだと思われればそれで終わりであるが、それは容姿や見た目に限ったことではない。あらゆる分野で同じように好き嫌いの判断はされるものである。

まして容姿や見た目は生まれ持ったもので本人の努力ではどうしようもない。それをモテない言い訳にしても何の解決にもならない。ただただ卑屈になるだけで前には進むことはできない。生まれ持った見た目や容姿は個性でしかないことを忘れてはいけない。

見た目や容姿以外の価値観に目を向けて、自分自身が輝いて幸せになれる道を探し続けなければいけない。そうすることであなたにとって大切なものが何であるかに気がつけるようになり、魅力的な人になっていく。

つまり、あなた自身が見た目や容姿に対する価値観を捨てることでコンプレックスから解放され自由になることができれば、輝ける魅力的な人になれるのである。

モテないのはあなたがブサイクだからではない。劣っているのは見た目ではない。それを言い訳にするコンプレックスや自信のなさがあなたをモテなくさせている。まずはそれに気づき、コンプレックスを捨て、歩き出さなければ、けしてモテるようにはならない。

見た目を言い訳にする時点で敗北者である

-モテる人になるための基本
-

Copyright© モテたい人のための恋愛必勝法 , 2019 All Rights Reserved.