片想いを叶える モテる教科書

玉砕式の告白はしてはいけない。相手に好きな気持を伝える最善の方法とは?

投稿日:

好きな人には「好き」な気持ちを伝えるべきである

好きな人には「好き」という気持ちを伝えなければいけない
気持ちを伝えないことには、何も始まらない。
お互いが気持ちを「告白」せずに、自然に関係が進展するなどということはないと言って良いだろう。

もちろん、告白したとしても、すぐに付き合えるかどうかは判らない。
その後の関係が上手くいくかどうかも判らない。

しかし気持ちを伝えることで、膠着した状態が動き始める

なのでまず、好きな人には自分の「好き」という気持ちを伝えるべきなのである。

玉砕式の告白は最悪である

しかし、闇雲に気持ちを伝えれば良いというものではない。

例えば「当たって砕けろ」という感じで一発勝負の玉砕式の告白をする人がいる。いわゆる卒業式などに個人的に呼び出して「ずっと好きでした」などという典型的な「告白」である。

多くの人がこの玉砕式の告白こそが「好き」という気持ちを伝える正しい方法だと信じているが、しかし告白の方法としては最悪の方法である。

玉砕式の告白をするような人は、好きな気持をずっと押し殺して、その気持ちが大きくなりすぎて我慢できなくなったり、もう二度と会える機会がなくなるタイミングで告白をする。そしてほとんどの場合、その気持は受けいられることがないまま、文字通り玉砕して終わることになる。

玉砕式の告白が失敗してしまうのは、相手との関係を上手く育てられないままに、唐突に告白をしてしまうからである。相手との関係が構築できていない状態で告白するということは、相手の都合や気持ちを考えずに強引に、そして一方的に垣根を乗り越えようとするのと同じだからだ。

そのような告白をされると、多くの人は困惑するだけでなく、時として恐怖も感じてしまう。なかなか「はい、分かりました。よろしくお願いします。」というように相手を受け入れる気持ちになれない。

なので好きな人に気持ちを伝えようと考えている人は、このような玉砕式の告白をしてしまわないように気をつけなければいけない。告白をする時には、なるべく自然に気持ちを伝えなければいけないのである。

玉砕式の告白になってしまう理由と自然に気持ちを伝える方法

玉砕式の告白をする人は玉砕式の告白こそが正しい告白の方法だと思っている。それ以外に告白する術を知らない。だからいつもいつも同じ様に玉砕式の告白をして、文字通り砕けてしまうのである。

では、どうすれば玉砕式の告白をしなくて済むようになるのか?
どうすれば、もっと自然に相手に気持ちを伝えることができるのか?

好きな気持を隠すとどんどん伝えづらくなる

まずは、好きな気持ちは隠すと、どんどん伝えづらくなるということを知らなければいけない。

迷っている間にも、相手のことをどんどん好きになっていく。
好きになればなるだけ気持ちを伝えるのが大変なことのように思えてくる。
相手への想いが強くなればなっただけ気持ちを伝えるのに勇気が必要になる。

相手に気持ちを伝えたいと思うようになった時にはもう手遅れで、気持ちが大きくなりすぎて自然に相手に気持ちを伝えるのは難しくなってしまう。

好きな気持ちに気づいた瞬間に相手にそれを伝える

好きな気持を自然に相手に伝えるためには、なるべく早めに気持ちを伝えることが大切である。

「この人のことを好きになるかもしれない」「この人素敵だな」と思えば、もうその時にその気持を伝えることである。挨拶のような気軽さで「好きになるかもしれない」「素敵だね」とその時の素直な気持ちを気軽に伝えれば良いのである。友達に対して「好き」と伝えるのと同じくらいの気軽さで「好き」と伝えるのである。

気持ちが育っていない分、挨拶のように気軽に気持ちを伝えることができる。気持ちを伝えられる側も気軽に聞くことができる。重々しい玉砕式の告白とは全く違う。

その気軽さこそが気持ちを伝えるには最も大切なことなのである。

もしもその気持ちが勘違いだったら?

気持ちを隠し続けてなかなか告白できない人は「本当に好きかどうか判らないうちに告白なんてできない」「もしも気持ちが勘違いだったらどうすればいいのか?」などと心配をする。

しかし、そんなことは本当は考える必要は全くない。勘違いであれば、それはそれである。またやり直せば良い。恋愛で間違いは何度でも許される。「やっぱり好きじゃなかった」それだけで良いのである。難しく考える必要はない。

気持ちを早めに伝えることのメリット

気持ちを早めに伝えることのメリットは、挨拶のように気軽に気持ちを伝えられるだけではない。最初から気持ちをオープンにすることで、好きな相手に対していつでも「好き」という言葉を言い続けることが出来るのである。

それだけで気持ちを伝えないままの片想いと比べると気持ちは非常に楽になるし、前向きな恋ができるようになる。実際問題でその後の展開も順調に進むことの方が多い。

よく言われるように「好きと言われて嫌な思いをする人はいない」というのは、このように最初からオープンに気持ちを伝えている場合である。相手に好意を抱かれているのは嫌ではないし、相手の気持ちを探る必要のない状態は、安心感や居心地の良さになる。結果的に、関係も上手く進展していくことが多い。相手が満更でもなければなおさらである。

逆に気持ちを隠し通した後に気持ちを伝える玉砕式の告白は、告白されるまでの長い間、相手の心を開かない態度で不信感が募るものだし、遠巻きな気持ち悪い行動は、時として恐怖さえ感じてしまう。

友達関係で一緒に過せるような関係でも、いつも伝えたい気持ちを抑え込んでいるので、相手からすれば何かを隠されているのと同じである。それは心を閉ざされていると感じるものだし、実際に気持ちを隠しているのだから、嘘をついているのと同じである。気持ちを閉ざしたり隠したりされれば、相手も気持ちを開けるはずがない。当然、関係は進展することがない。

このように、同じ気持ちを伝える「告白」でも、ずっと気持ちを隠し続ける玉砕式の告白と、最初から気持ちをオープンにする告白とでは、恋に対する気持ちの持ち方も、恋愛の展開全く違った結果になってくるのである。

だからこそ好きな気持は隠すことなくなるべく早く告白すべきなのである。

-片想いを叶える, モテる教科書

Copyright© モテたい人のための恋愛必勝法 , 2021 All Rights Reserved.