片想い

好きな人との距離が縮まらない!その理由

更新日:

好き人との距離を距離を縮められなくて苦労する人は多い。どんなに努力して頑張って近付こうとしても好きな人との距離が縮められない悩みを抱える人は多い。

デートに誘ってみたり、頻繁にLINEやメッセージを送ったりして相手との距離を少しでも縮めるように努力してみても、期待したような返事が相手から来たりはせず、何も関係が変わらないままただ時間がだけが過ぎていく。

努力しているにも関わらず相手との距離が縮まらないのは何故なのか?どうしてもっと仲良くなれないのか?その理由について書いてみる。

成功する恋と進展しない恋の違い

トントン拍子な恋と進展しない恋

行動を起こせば、打てば響くという感じで相手との距離がどんどん縮まっていき、気がつけば一気に恋人関係まで進展していく恋がある。

多くの場合それは相思相愛だったり、お互いが満更でもない場合、タイミングさえ合えばスムーズに、そして待った無しの急展開で関係は進展していく。

遠くて近きは男女の仲という諺があるように、昨日まで全くの他人だった男女が、明日には燃え上がるような恋をしているなんてことも珍しいことではない。

その一方で、どんなに相手の近くにいても、毎日顔を合わせるような関係であっても、なかなか距離を縮められない恋もある。どんなに積極的にアピールをしても、全く関係が進展しない恋があるのである。

努力しても関係が進展しない理由

成功する恋は大した努力をしなくても半自動的に関係が進展していく。そしてタイミングさえ合えば一気に関係が出来上がってしまうものである。

逆に言えば、努力しているにも関わらず関係が進展しないような恋は、成功させるのが難しい恋と言える。言い方を変えれば、関係が進展しないのは相手がそれを望んでいないからである。要するに、あなたを拒んでいるから関係が進展しないのである。

進展しない恋はあきらめた方が良い

相手との距離が縮まらないのは拒絶のメッセージである

好きな人を遊びやデートに誘ってみたり、積極的にLINEやメッセージを送って気持ちを伝えているにもかかわらず、期待したような反応が相手から得られず関係が進展しないような場合は、今後いくら努力を続けてみても恋が叶う見込みがないと思った方が良い。

何故ならば、相手はあなたに対してその気が全ないからである。今以上に関係を深くしたいと望んでいないのである。

だからあなたが相手に近付こうとする度に、相手は意識的にあなたから離れている。だから追いかけても追いかけても相手との距離が縮まらないのである。

つまり、努力重ねても好きな人との距離が縮められないのは、相手があなたとの距離を調整しているからに他ならない。相手があなたと必要以上に近付きすぎないように調整しているのである

相手があなたとの距離を保とうとするのは、相手が「あなたと付き合いたい」あるいは「深い関係になりたい」とは微塵も思っていないからである。そしてそれは相手からの「これ以上近づかないで」というメッセージでもある。

そのメッセージに気づかずに相手に近付こうと努力すればするほど関係は厄介なものになり、こじらせればストーカーのようになってしまう。

そうなってしまう前に、さっさとその恋に見切りをつけた方が良い。その方が多くの時間を無駄にしなくても済むし、相手と良い関係を維持することができる。

同じだけの時間、同じだけの努力を他の可能性のある恋に捧げたほうが良い

努力しても相手との距離が縮まらない時は何もしないで様子を見る

好きな人に対して積極的にプローチをしてみても、相手との距離が縮まらないと感じる時は一度全てのアプローチを中止して様子を見た方が良いだろう。

というのも、アプローチしているにも関わらず好きな人との距離が縮まらないのは、相手があなたとの距離を保とうとしているからであり、あなたからのアプローチがあればあるだけ相手はどんどんあなたから逃げなければいけなくなってしまうからである。

つまり、あなたからのアプローチは相手にとって重荷や負担になっているのである。あなたからのアプローチはけして相手にとって嬉しいものではない。重苦しく鬱陶しいと感じるものなのである。だから「これ以上近づかないで」という拒絶の意志を伝えるために遠慮したり受け取りを拒否したりする。そのメッセージに気が付かずに距離を詰めてようとすると、相手はさらに遠くへ離れようとするのである。

要するに、そのような状況下では、努力すればするほど相手との距離は離れてしまうのである。このまま努力を続けても状況を一層悪くしてしまうだけなので、一度全てを中止して何もアクションを起こさないというのが最善策になる。

私は恋愛での駆け引きは嫌いだが、時として駆け引きが有効に働くこともある。例えば相手に対してアプローチする行動を一旦停止することが切っ掛けとなって、相手があなたに対して興味を持ち始めることもある。しつこいくらいにアプローチしてきた人が、ある日を境にピタッとアプローチをやめることで、相手があなたのことを逆に気にするようになり「何か悪いことをしたのかな?」「何か傷つけるようなことをしたのかな?」などと不安になる。そのタイミングを見計らって、また相手にアプローチを開始し始めることで相手の気持ちを手に入れるという方法がある。

何が言いたいかというと、努力しても進展しないような関係の場合、一度全てのアプローチを停止することで、逆に状況が動き始めることがある。それを期待したほうが、そのまま相手の気持ちを無視してアプローチし続けるよりはよっぽど良い結果が待っている。

もちろん、アプローチを停止することで、そのまま関係がフェードアウトしてしまうこともある。だがそれは行動を起こしたとしても結果は同じである。フェードアウトするか完全拒否されるかの違いがあるだけである。

相手が拒絶している時のシグナル

● プレゼントや贈り物を受け取らない
● プレゼントや贈り物を受け取った場合は義理的にすぐにお返しを返して借りを作らない
● 二人きりで会えない、遊べない
● 相手から連絡が来ない、または返事は用件だけで素っ気ない
● やりとりがいつも一方的になって続かない
● 核心的なこと(自分のことをどう思っているのか?好きな人はいるのか?など)を聞くとスルーされる

あなたが相手に対して何かのアプローチをした時に、上記のような反応が見られる場合は、相手が明確に拒否している時の反応と思って間違いない。心当たりがある場合は今すぐにでもアプローチはやめた方が良い。

例えば、あなたが何かプレゼントや贈り物を渡そうとした時に「悪いよ」「受け取れないよ」などと理由をつけて受け取らないのは、決して遠慮しているわけではない。プレゼントを受け取ることであなたに対して借りを作りたくないからである。借りを作れば重荷を背負い込むことになる。それを避けようとしているだけである。

お互いが持ちつ持たれつの良好な関係であれば。プレゼントや贈り物は嬉しい。なので基本的には誰もが快く受け取って貰えるものであるが、それが拒まれるようであれば「拒絶のメッセージである」と、相手の気持ちを察しなければいけない。

そのメッセージに気づかずにアプローチを続けると、相手との距離がどんどん遠くなってしまうだけで努力が報われることはない。

もしも相手から距離を置かれていると感じていても、相手は特に何も考えていないこともある。もしそれが取り越し苦労であればあなたがアプローチを止めた時には相手から何かしらのアプローチがあるはずである。良好な関係であればやりとりはいつも双方向になるからである。

まとめ

好きな人に好きになってもらうために毎日努力して積極的なアピールを続けても距離が縮められないような相手はさっさと諦めて次の恋を探した方が時間や努力を無駄することがないので結果的に良かったと思えるようになる。深追いしても関係を悪化させるだけである。

大切なことなので最後にもう一度書くが、うまくいく恋は努力をすればトントン拍子に進展していくものである。関係が進展しないのは相手があなたのことを拒絶しているからである

思うように関係を進展させらない恋はさっさと見切りをつけて、新しい恋へと進むことが大切である。その方が時間や努力を無駄にすることがない。そして新しい可能性のある恋に賭けたほうが、あなた自身も幸せになれるのである。

-片想い

Copyright© モテたい人のための恋愛必勝法 , 2019 All Rights Reserved.