モテる教科書

好きな人に贈り物やプレゼントをする時に気をつけるべきこと

更新日:

好きな人に何かを贈ったりプレゼントしたいと思う。人としてすごく自然でとても大切な気持ちである。

相手のことを考えた素敵な贈り物は相手を喜ばせるだけでなく、贈り物をした人自身もとても幸せな気分にさせる素敵な行為である。

しかし、本来素敵であるはずの贈り物やプレゼントも贈り方を間違えれば関係を悪化させてしまうこともあるので注意が必要である。

贈り物やプレゼントを贈る時の基本的な心構え

贈り物やプレゼントは積極的に渡した方が良い

誰かに何かを贈ったりプレゼントするということは、基本的には素晴らしいものである。

なので贈り物やプレゼントは好きな人に対してだけでなく誰に対してでも贈るような習慣をつけた方が良い。相手が誰であれチャンスや機会があれば、どんどん積極的に実践していくべきものである

贈り物やプレゼントを贈るということは、誰かのためにお金や時間を使うということでもある。誰かのためにお金や時間を使えるということはそれだけで人の心を動かす魅力があるのである。

例えば、旅行先などで素敵な物を見つけたり、美味しい物があれば、気前良くどんどん贈り物やプレゼントをしていけば良いし、素敵なレストランがあれば招待してご馳走してあげるのも良いだろう。

誰かのために自分のお金や時間を使える人の周りには素敵な人が集まるようになり、必然的に出会いのチャンスも多くなってくるものである。

贈り物やプレゼントは奉仕の心が基本

贈り物やプレゼントを贈る際に大切なのは、自分よりも相手の気持ちを優先できる奉仕の気持ちである。それこそが贈り物やプレゼントの基本的な心だからである。

贈り物やプレゼントは贈り手が勝手に何かを贈りたいという独りよがりなものだということを忘れてはいけない。相手に対して見返りを求めないのが基本なのである。

ここで言う見返りとは相手に対して同等の金品や労力を要求しないのはもちろんであるが、相手の感謝や喜ぶ反応ですら求めるべきではない。

例えば贈り物やプレゼントを受け取った相手が思ったほど喜ばなかったり、期待していたほど大きな反応が得られなかったとしても気落ちしたり、ガッカリしてはいけないということである。

相手に喜んでもらいたいという気持ちはもちろんあるにせよ、それで相手が喜ぶ喜ばないはまた別の話である。相手が喜ぶことを期待してしまえば、贈り物の基本である相手に何も求めないという部分が変質してしまう。

相手に何も求めない。これが贈り物やプレゼントを贈る際に忘れてはいけない基本的な心構えなのである。

贈り物やプレゼントしたいという気持ちは美しいが、贈り物やプレゼントに込められた気持ちは気持ち悪い

贈り物やプレゼントに見返りを求めると気持ち悪くなる

下心や見返りを求める贈り物は最悪である

誰かに何かを贈ったりプレゼントしたりすることは、本来とても素晴らしい行為のはずであるが、何かの見返りを求めるような計算や下心があると途端に気持ちの悪いものに変わってしまう。

たとえそれを口に出して言わなかったとしても、受け取った相手は敏感にそれを感じ取るものである。そして見返りを求められた瞬間、贈り物やプレゼントは気持ち悪いものになり、精神的に重いものに変質してしまう。

人はそういう精神的な重さを感じるものからは本能的に逃げたいと思うものなので、次第に相手はあなたから距離を置いたり、あなたかから何かをしてもらうこと自体を拒否するようになる。

本来は関係を良好にする潤滑油の役割をするはずの贈り物やプレゼントも本質を間違えれば結果は悪い方にしか進まなくなってしまう。

クリスマスプレゼントと誕生日プレゼントの違い

贈り物やプレゼントの性質の違いを考える時はクリスマスプレゼントと誕生日プレゼントの違いを考えると非常に理解しやい。

サンタさんというファンタジーなおじいさんから貰うプレゼントは基本的にお返しの必要がないプレゼントである。なのでサンタさんからの贈り物は何も考えず、ただただそれを受け取ったことを純粋に喜ぶことができる。

しかし誕生日プレゼントはクリスマスプレゼントとは全く性質が異なる贈り物である。何故ならば、誕生日は誰にでもやってくる。誰かからプレゼントをもらった時には必ずお返しとして相手の誕生日を祝わなくてはいけない。

このお返しの義務を負うような贈り物を受け取る時、人は「いつか同等の何かを返さなくてはいけない」という気持ちになり素直に喜べなくなるのである。

もちろんお互いが贈り合うことを喜びとする関係もあるので全てがそうだとは言わないが、贈り物やプレゼントの質の違いについてクリスマスプレゼントと誕生日プレゼントを例に挙げてみた次第である。

見返りを求めるということは相手に精神的な負担を負わせるということなのである。

見返りを求めて贈るプレゼントほど気持ち悪いものはない

高価な贈り物やプレゼントで気を引こうとしてはいけない

モテない人は好きな相手に気持ちを伝える時に気合いを入れ過ぎる傾向がある。ありがちなのは一世一代の大勝負とばかりに、一発ノックアウトを狙った玉砕覚悟の告白とともに指輪などとても高価な物を贈ろうする傾向がある。

相手を喜ばせようと最高の物を選べば必然的に高価な物になってしまうのは仕方が無いが、贈り物やプレゼントというものは闇雲に高価な物を贈れば良いというものではないし、高価なものが効果的とも限らない。

贈り物やプレゼントは人間関係の成熟度を踏まえた上でバランスの取れたものでなくてはいけない。それは絶対的な基本である。人間関係のバランス感覚を欠いた贈り物やプレゼントは、相手に余計なプレッシャーを与えてしまうだけで良い働きをすることはない。

もしもバランスを欠くような贈り物をした場合、先走った気持ちと相手との気持ちの温度差が大きすぎて逆効果となり、「受け取れない」など「困る」という全く将来が期待できない結果になってしまうだけである。

もちろん、日頃から友達や知人に対しても高価な贈り物をするような人であれば、そういう人として許される場合もある。しかし日頃からそんなことは一切しないのに、好きな人に対してだけ特別な思いを込めるようなことをするのであれば、それはとてつもなく気持ち悪いものになる。

空気を読めない勘違いした行動は相手はドン引きさせてしまう。距離を置いて全てを拒絶し始めるようになるだけで絶対に人を好きになったりはしない。

何故か?先走ったその気持が恐いのである。相手のことを考えられない独りよがりな行き過ぎた行動が恐いのである。

贈り物やプレゼントの鉄則

贈り物やプレゼントを贈るのであれば、見返りを求めてはいけない。お互いの関係の習熟度を考えた節度あるものではなくてはいけない。その鉄則を守れないようであれば、贈り物やプレゼントはしないほうがマシである。

関係がうまく構築できているのであれば、その基準から少しはみ出して少しだけ特別なものを選んでみても良いかもしれない。しかし、いかに関係が習熟してきたとしても一切の見返りを求めてはいけないという基本だけは絶対に守らなくてはいけない。

相手のために何かを選べる、何かを贈ることができる、その喜び以上のものを求めてはいけない。それ以上を求めれば、贈り物やプレゼントは相手との関係に良い影響を与えることはないだろう。

贈り物やプレゼントを贈る際には是非、鉄則を忘れないようにしていただきたい。

-モテる教科書

Copyright© モテたい人のための恋愛必勝法 , 2019 All Rights Reserved.