やさしさについて

優しさとは?モテる優しさとモテない優しさの違い

更新日:

優しさと弱さ

優しいだけの良い人どまり

モテない人に決定的に足りないモノは何か?

それは強気の姿勢です。モテない人には相手を圧倒するような強引さがありません。

モテない人は自分に自信がなかったり、相手に嫌われるのを恐れて自分の気持ちを押し殺したりします。

特に、好きな人を目の前にすると、相手を意識し過ぎてしまい、嫌われるのを極端に恐れて何も出来なくなってしまうのです。

なのでいつでも自分の気持を伝えられず、強引になれず、ただの良い人になってしまいます。

結果、弱気な人は、モテない人の代名詞とも言える「良い人どまり」で、それ以上の関係を築けなかったりするのです。

弱さをごまかすための優しさは本当の優しさではない

弱気のどこがいけないのか?
優しさだけでもいいじゃないのか?

そう思うかもしれませんが、弱さをごまかすための優しさは本当の優しさではありません。

例えば、誰かとデートをしたとします。その最中には、食事や行き先など、決めなければいけないことは沢山あります。そんな時、モテない人は「あなたが食べたいもので良い」「あなたの好きなところで良い」と相手に譲歩することで相手を優先するような優しさを見せたりします。

しかし、その優しさの裏側にあるものは、自分の意見ややりたいことを主張してしまうと、ワガママな人と思われたり、意見が対立したり、趣味が違っていたりたりすることで、相手に嫌われてしまうのではないかというような恐れから、全てにおいて相手に決定権を委ねてしまうのです。

一見、自分のやりたいことよりも相手のやりたいことを優先させるような優しさのようにも見えたりするものですが、それはけして、相手を思い遣るから気持ちや相手の気持ちを尊重した結果の優しさではありません。

しかし、そのような見せかけの優しさは偽りの優しさなので相手には変質して伝わります。

何故ならば、相手に嫌われることを恐れて決定を相手に委ねたりするのは、相手を思い遣って優先しているわけではなく、自分自身が嫌われたくないという気持ちが最も優先されているからです。

弱さをごまかすための優しさは相手に負担を感じさせる

弱さをごまかすための優しさは、本当の優しさや思い遣りとは根本的に違います。

そのような優しさは優しさもどきとも言うべきもので、結局は相手よりも自分を優先しているので、実際は相手を気分良くさせるものではなく相手に負担を感じさせるものなので、多くの人はそのような優しさを感覚的に嫌うものなのです。

それと同時に本心を隠していることが相手にとって心理的な距離感を感じさせてしまう原因にもなるので、相手を無駄に疲れさせてしまうのです。「いつまで経っても心を開いてくれない」「この人と一緒に居ると疲れる」というような悪い結果を招いてしまうのです。

いつまでも心を開いてくれないような人と一緒にいても楽しむことができません。楽しめない人とは一緒に居たいとは思えないので次に繋がっていかないのです。

心を開かない人と一緒に居ると疲れる

モテるために必要な本当の優しさとは

優しい人はモテます。しかし弱さをごまかした優しさの場合はその逆になります。

何故、そのような結果になってしまうのかの理由は明白です。

弱さをごまかした優しさは相手よりも自分を優先しているのに対して、本当の優しさは自分自身よりも相手のことを大切に思い優先的に考えているからです。

なので、モテるためや好きな人に好かれるためには、本当に必要な優しさを持てるようにならなければいけません。

そして、本当の優しさや気遣いが出来るようになるには、まず自分自身の心を相手に対して開かなければいけません。犬が心を許した相手に対して裏返しになってお腹を見せるくらい無防備に心を開かなければいけないのです。

自分の気持ちをオープンにして相手に伝えることからコミュニケーションは始まります。そうすることで自分より相手のことを優先して考えれるようになるのです。

本当の優しさとは、自分よりも相手のことを優先して考えることなのです。

本当の優しさは相手に負担をかけません。サラリとして気持ちの良いものなのです。弱さをごまかしたやさしさはどこかジメッとした重さを伴って相手の上に伸し掛かります。

「あなたが好きなところで良い」という全く同じ言葉でも、それが本当の優しさからなのか、弱さをごまかしたやさしさなのかで相手への伝わり方が全く違うのです。

本当の優しさと、弱さをごまかした優しさの根本的な違いをまずは理解しましょう。そして本当の優しさとともに相手に接することができるようになりましょう。

-やさしさについて

Copyright© ヤツハリダイスケ式恋愛必勝法 , 2019 All Rights Reserved.